認知症の介護保険サービス 訪問介護の内容・施設と入所費用

更新日

自宅で受ける介護保険サービス

介護保険サービス 自宅を訪問

介護保険を使ったサービスには、自宅で受けるもの、施設に通って受けるもの、施設に入所して受けるものなどがあります。
自宅で受けるものには、訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリなどがあります。訪問介護は、ホームヘルパーが食事、入浴、トイレなどの身体介護や、掃除、選択、買い物などの生活援助を行うものです。訪問入浴介護は浴槽を自宅に運びこんで行います。

施設に通って受ける介護保険サービス

介護保険サービス 施設に通う

施設に通って受ける介護保険サービスには、日帰りのデイサービスやデイケア、短期間泊まるショートステイなどがあります。デイサ―ビスでは入浴や食事などの介護を受けたり、レクリエーションを楽しんだりします。認知症対応型のデイサービスもあり、認知症のケアの知識や経験が豊富なスタッフがいます。デイケアではリハビリを行います。

認知症で家に引きこもりがちの場合、こうしたサービスで社会とのつながりを保ったり、生活に変化をもたらすことができます。また、介護をする家族は、自分自身の時間をもつことができるようになります。

認知症の人が入所できる施設

認知症の人が入所できる施設

認知症の方が入所できる施設には、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、グループホーム、介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホームなどがあります。数字は全国の施設数です。

各施設の特徴

各施設の特徴

特別養護老人ホームは原則として要介護3以上が対象です。身体的ケアを含む全般的な介護が受けられ、終身で利用することができます。
介護老人保健施設は要介護1以上が対象です。リハビリが中心で介護も受けられます。在宅復帰を目指す人が入所します。
介護療養型医療施設は要介護1以上が対象です。医療サービスが中心で介護も受けられます。長期療養の必要な人が入所します。

各施設の特徴

グループホームは、要支援2以上の認知症の高齢者が対象です。5人から9人が同じ住まいで共同生活します。認知症ケアの専門職が配置され認知症に配慮した介護が受けられます。
介護付き有料老人ホームは、施設の職員が身の回りの介護を提供します。住宅型有料老人ホームでは、介護が必要な場合、外部の事業者と契約し訪問や通所のサービスとして受けます。この2つは入居条件やサービス内容は施設によって異なります。
これら3つの施設は、認知症が重症化すると退去が必要になることがあります。

施設に入る場合の費用

施設に入る場合の費用

各施設の1か月の費用の目安を示します。
特別養護老人ホームは10万円前後。介護老人保健施設は8万円~15万円。介護療養型医療施設は10万円~20万円。グループホームは16万円~20万円。これら4つは介護保険の自己負担分を含みます。
介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームは、施設によって 幅広い差がありますが、平均すると、それぞれおよそ26万円と12万円です。この2つは入居するときの前払金分を含めた金額です。また介護保険の自己負担分は含んでいません。
認知症が軽度の場合、グループホームなら認知症の知識と経験の豊富なスタッフからケアが受けられます。認知症が重くなった場合、特別養護老人ホームなら比較的安い費用で全般的な介護が受けられますが、施設数に限りがあり入所までに1年以上待つことも少なくありません。

=介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホームの費用は「高齢者向け住まいにおける運営実態の多様化に関する実態調査研究」(平成30年3月発表 野村総研)による。ほかは東京都健康長寿医療センター調べ=

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年6月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら