危険な合併症も!おたふく風邪(おたふくかぜ)の原因や症状、治療法

更新日

ムンプスウイルスの感染により発症する

おたふく3
おたふく4

おたふくかぜにかかるのは、幼児から小学校低学年くらいまでの子どもが多くなっています。おたふくかぜは、「子どものときにかかるほうが軽く済む」などと言われることがありますが、これは間違いです。子どもがかかった場合でも、合併症によって後遺症を引き起こすおそれがあります。

おたふくかぜは正式には流行性耳下腺炎(じかせんえん)といい、感染力が強い病気で、ムンプスウイルスの感染で起こります。感染すると、平均18日前後の潜伏期間を経て発症します。

ムンプスウイルスの主な感染経路は、飛まつ感染と接触感染です。飛まつ感染は、感染している人のせきやくしゃみ、会話などでウイルスを含んだ飛まつが飛び散り、周囲にいる人が鼻や口から吸い込んで感染します。接触感染は、感染している人とキスをしたり、ムンプスウイルスが付着した手やドアノブ、手すりなどにふれた手で、口や鼻を触ったりすることなどで感染します。

おたふくかぜの症状

おたふく症状

おたふくかぜの代表的な症状は、熱が出て、片側または両側の頬や、あごの下の辺りが腫れることです。体内に侵入したムンプスウイルスは、鼻やのどの器官の粘膜、首などのリンパ節で増殖したあと、血液の流れにのって全身に広がります。

おたふくなぜ

ムンプスウイルスが感染しやすい部位の1つが、唾液を分泌する唾液腺です。唾液腺ではムンプスウイルスを排除しようとする免疫機能が働き、炎症が起こります。その結果、唾液腺のある顔の周りが腫れて痛みが生じたり、発熱したりします。
そのほか、頭痛、けん怠感、食欲低下など、かぜと似た症状が現れることがあります。

おたふくかぜの治療

現時点では、ムンプスウイルスそのものに対する効果的な治療法が無いので、治療は対症療法になります。解熱薬や痛み止め(鎮痛薬)などを使い、症状を和らげます。医療機関では点滴で脱水症状を防いだりすることもあります。

口を開けたり、咀嚼(そしゃく)したりすると頬やあごなどが痛むので、食事は、刺激が少なくのどごしが良いものをとりましょう。また、唾液の分泌を促す酸っぱい食べ物などは避けましょう。水分補給をこまめにして、脱水を予防することも大切です。

『Q&A子どもの感染症』はこちら

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年5月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら