生理前の症状の悩み 月経前症候群(PMS)

更新日

月経前症候群(PMS)とは

月経前症候群(PMS)とは

月経前症候群(PMS)は、生理が始まる前、長い人では10日ほど前から症状が起こり、生理が始まるまで続く不調です。
現在は、生理がある女性の30~40%ほどに月経前症候群があると推定されていますが、中には、社会生活が困難になるほどつらい症状を起こしている人もいます。受診して治療を行えば改善するのですが、生理前に不調が起こるのは当たり前と思い込んでいる人が多く、受診せず我慢している人が多いのです。

月経前症候群(PMS)の原因とは?

月経前症候群(PMS)の症状

月経前症候群の症状

月経前症候群は、人によって症状の現れ方がさまざまです。心理的な症状と身体的な症状があります。心理的な症状は、抑うつ気分、怒りの爆発、イライラ、不安感、混乱した気分などです。身体的な症状は、乳房の痛みや張り、おなかの張り、関節痛や筋肉痛、頭痛、体重増加、手足のむくみなどです。これらの症状のうち、どれか一つでも、過去の生理で3回以上連続して起こっている場合に、月経前症候群と診断されます。

月経前症候群による影響

月経前症候群による影響

月経前症候群は、生理のある女性であれば誰でも起こり得ます。そして、それぞれのライフステージで影響を及ぼします。思春期であれば、学校生活に支障を来します。症状がつらいために、学校を欠席しなければならなくなったり、試験や大事なイベントで本領発揮できないことがあります。働く女性の場合は、仕事に集中できずにミスが増えたり、人間関係を悪化させてしまうケースが目立ちます。家庭内の主婦の場合は、家事が手につかなかったり、イライラして家族に八つ当たりするケースが多いようです。気になる症状がある場合は、婦人科を受診してみましょう。

「月経前症候群(PMS)の治療」はこちら

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年4月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    知って安心!生理の悩み対処法「生理前の不快な症状 月経前症候群」