知っておきたい!変形性ひざ関節症の薬

更新日

変形性ひざ関節症の「外用薬」

外用薬

変形性ひざ関節症の外用薬には、「塗り薬と貼り薬」があります。
塗り薬には、クリーム状(軟膏)、ゲル状など、さまざまな形状のものがあり、使用感の好みなどによって処方されます。

貼り薬には、湿布があります。湿布は、副作用がないと思われがちですが、医療機関から処方される炎症を抑える薬成分を含んだ「比較的強力なタイプの湿布」には副作用があるので注意が必要です。

変形性ひざ関節症の「内服薬」

内服薬

内服薬には、直接ひざに作用し、痛みや炎症を緩和させる「非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)」「COX-2選択的阻害薬」、脳に作用することで痛みを抑える「アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬)」、強力な痛み止め(鎮痛薬)である「オピオイド」、2016年に保険適用された「デュロキセチン」があります。

「非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)」は、長期間に渡って使用すると、胃腸障害腎臓障害心血管障害が起こることがあります。「COX-2選択的阻害薬」も胃腸障害が起こる場合がありますが、NSAIDsより少ないのが特徴です。また、「アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬)」も副作用が比較的少ないのですが、飲みすぎると肝機能障害など起こす場合があります。「オピオイド」は、ふらつき・悪心・便秘・めまいなど。「デュロキセチン」の副作用は少し変わっていて、吐き気、眠気、口の渇きなどがあります。

変形性ひざ関節症の「注射薬」

注射薬

炎症がひどく、ひざに関節液がたまって痛む場合は、注射器で関節液を抜き、そこへ「ステロイド」や「ヒアルロン酸」を注射します。

「ステロイド」は、痛みを急速に抑える効果が期待できますが、繰り返し使うと、関節の骨や軟骨に悪影響があるという報告があります。年に何度も繰り返して行うことは一般的に推奨されていません。

「ヒアルロン酸」は、関節の動きを滑らかにし、痛みをやわらげる効果があるとされています。ヒアルロン酸は、関節液がたまっていない場合にも行うことができます。ヒアルロン酸は、ステロイドに比べると、効き始めに時間がかかるのですが、痛みの症状を長く緩和し続けてくれる(数か月)と言われています。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年4月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら