小腸がんの治療 -タイプによって外科手術や抗がん剤など治療法が異なる-

更新日

NETとNECの治療

NETの治療
NECの治療

NETと診断された場合、ほかの臓器への転移がなければ、おなかを開く外科手術が行われます。がんとその周囲のリンパ節を含めて切除します。腫瘍が小さく、内視鏡の届く範囲にある場合は、内視鏡治療が行われることもあります。手術が行えない場合や、手術でがんが取りきれない場合は、薬による治療が中心となります。がんの増大を抑えるソマトスタチンアナログという注射薬が使われ、それが効かない場合はのみ薬の分子標的薬などによる治療が行われます。

NECと診断された場合、病気の初期からがんがほかの臓器に転移している可能性が高いため、抗がん剤による治療が基本です。シスプラチンやエトポシド、イリノテカンといった注射薬が併用されます。がんの広がりが小腸とその周囲のリンパ節のみに限られている場合は、手術と抗がん剤を組み合わせた治療が行われます。

腺がんの治療

腺がんの治療

腺がんと診断された場合、がんの深さや転移の有無などによって治療法が異なります。がんが比較的浅い部分にあり、小腸の入り口部分である十二指腸で内視鏡が届く範囲にある場合は、内視鏡による切除が行われることがあります。内視鏡が届かない範囲にがんがあったり、さらに深いところに入り込んでいる場合には、がんの周囲のリンパ節も含めて外科手術で切除します。がんがほかの臓器に転移している場合は、手術は行わず、抗がん剤による治療が中心となります。

小腸の腺がんが再発することは少なくありませんが、まだ再発を防ぐための治療法が確立されていないので、手術後には慎重な経過観察が行われます。現在、小腸の腺がんの再発を予防する抗がん剤による治療の臨床試験が世界各国の共同で始められるなど、治療法の開発に向けて研究が進んでいます。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年4月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら