慢性すい炎の原因と症状とは?

更新日

ゆっくりと進行する慢性すい炎

慢性すい炎

慢性すい炎は、すい液がすい臓を溶かす自己消化が長い時間をかけて起こる病気です。慢性すい炎を引き起こす主な原因はアルコールで、飲酒量が増えれば増えるほど発症しやすくなります。慢性すい炎になると、通常はすい臓が少しずつ壊れていくため完治は望めず、すい臓がんのリスクをも高めてしまいます。

慢性すい炎になると、すい臓の組織が線維化したり、すい液を分泌するすい管内にすい石ができたりします。こうした症状が出てくると、すい臓全体が硬くなって委縮していきます。また、すい液の分泌も低下するので、食べた物を消化したり吸収したりする働きも失われてしまいます。

慢性すい炎
慢性すい炎

進行すると変わってくる慢性すい炎の症状

慢性すい炎 進行と症状

慢性すい炎の症状は進行するにつれて変わっていきます。初期の頃は、上腹部や背中に痛みを感じます。

さらに進行して5年〜10年経つとその痛みは軽減します。これはすい臓そのものが壊れて痛みを感じにくくなるためです。その一方で、すい液の分泌の低下による消化吸収の悪化によって、下痢や食べた物の脂肪分が便に混じる脂肪便、体重の減少といった症状が現れます。また、すい臓からのインスリン分泌も低下するため、糖尿病も引き起こしやすくなります。

「慢性すい炎」の治療はこちら