急性すい炎の症状は?アルコールの摂取量や死亡率についての疑問も解説!

更新日

激しい炎症がすい臓に突然起こる

急性すい炎 症状

急性すい炎は、突然起こるすい臓の炎症の1つです。急性すい炎の典型的な症状は、上腹部の激しい痛みです。また、すい臓の位置が背中に近いことから、背中が痛く感じる場合もあります。痛みのほかにも、吐き気おう吐発熱といった症状が起こる場合もあります。飲酒が原因で急性すい炎になった場合は、飲んでから数時間~半日後に症状が現れます。
患者数は年々増えており、年間約6万5000人が発症しているといわれます。

「急性すい炎」の原因とは?

重症化すると命の危険も

急性すい炎 重症

急性すい炎になった患者さんのうち、約2割の方は重症化します。炎症がすい臓の外にまで広がって臓器不全を引き起こしたり、すい臓が壊死したところに感染症が起こったりします。その後、血圧が下がるショック状態、呼吸困難、意識障害などに至ります。重症化した場合の死亡率は、約1割です。