肝硬変につながる!脂肪肝の原因と運動や食事で改善する治療法を解説

更新日

肝硬変や肝臓の病気を引き起こす「脂肪肝」とは

脂肪肝とは

脂肪肝とは、肝臓に脂肪がたまった状態のことをいいます。肝臓の細胞の約3割以上に脂肪がたまると脂肪肝と診断されます。脂肪肝と診断されても、病気じゃないからとそのまま放置する人がいますが、病気と認識して治療することが大切です。

脂肪肝になると、動脈硬化心筋梗塞脳卒中などを引き起こす可能性が高まります。
肝臓に中性脂肪がたまると、それが血流に乗って全身の血管に運ばれます。すると、血液中のLDL(悪玉)コレステロールが増えてしまうため、血管壁にコレステロールがたまり、動脈硬化などを招いてしまうのです。

脂肪肝の原因

脂肪肝・NASHの原因

脂肪肝になる最大の原因は、肥満です。食べすぎなどによって、摂取したエネルギーが消費するエネルギーを上回ると、余ったエネルギーは肝臓に運ばれて中性脂肪になります。その一部は肝臓に運ばれて処理されるものの、処理されなかった中性脂肪はどんどん肝臓にたまっていきます。

そのほかの原因として、急激なダイエットもあげられます。ダイエットでたんぱく質が不足すると、中性脂肪を血液中に送り出すことができなくなるため、肝臓にたまっていってしまうのです。ほかにも、アルコールのとりすぎも原因としてあげられます。

脂肪肝の治療 効果的な運動や食事の仕方

脂肪肝の治療には、生活習慣を改めることが何よりも先決です。
アルコールのとりすぎが原因の人は、お酒を控えることが大切です。肥満が原因の人は、食事療法運動療法で適正体重に戻すプランを立てましょう。

食事療法は、なるべく間食をとらないよう心がけ、三度の食事をバランスよくとり、飲み物は甘いジュースなどは我慢してエネルギーのないお茶や水などにしましょう。食べたものはすべて肝臓に運ばれますが、体を動かさないでいると脂肪になってたまってしまうので、就寝の2時間前までには食事をすませておきます。

運動療法は、1日30分の早歩きがおすすめです。肝臓の脂肪は、運動してから10分たたないと燃え出さないので、きちんと効果を得るためにも、途中でやめないで30分以上続けるようにしましょう。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)についてはこちら