梅毒が急増!増え続ける患者数

更新日

急増する梅毒の患者数

梅毒患者 報告数

梅毒は、日本では1990年代以降の患者数は年間1000人を下回っていました。しかし、2013年、梅毒の患者数は1200人を超え、その後、年々増加しています。2015年は2690人、2016年は4575人、さらに2017年は5770人(2018年1月5日現在速報値)で、ここ数年で爆発的に増えています。

若い女性が特に急増している

年代別 報告数(女性)

梅毒の患者数は、男性が多いのですが、最近では女性患者も増えており、特に20代の女性が急増しています。男性の場合、2008年以降に同性間の性的接触による感染が多かった時期もありましたが、2012年以降は異性間の性的接触による感染が増加しています。
女性の場合は、性産業従事者に限らず、一般家庭の主婦などにも感染が広がっています。妊婦から胎児に感染する「先天梅毒」も増加傾向にあります。

Q&A「梅毒」はこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    メディカルジャーナル 急増する梅毒 最新情報