「目が小さくなった」と思ったら... 上まぶたが下がる「眼瞼下垂」とは?

更新日

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

上まぶたの構造

眼瞼とはまぶたのことを指します。「眼瞼下垂」とは、上まぶたが下がってしまう状態です。片側の場合と両側の場合があり、上まぶたの下がり具合によって、「軽度」「中等度」「重度」に大別されます。上まぶたが虹彩(茶目の部分)を超えると軽度、瞳孔(瞳)までかかっていると中等度、瞳孔の下まできていると重度と判断されます。

眼瞼下垂になると、「視界が狭くなった」「目が小さくなった」「目が疲れやすくなった」といった異変を感じやすくなります。また、無意識におでこの筋肉を使ってまぶたを引き上げようとするため、「眉毛の位置が上がった」「おでこにしわが寄る」などと感じる人もいます。

眼瞼下垂と間違えられやすい病気とは?

眼瞼下垂の原因

原因として最も多いのが、「眼瞼挙筋(上まぶたを収縮させる筋肉)」と上まぶたをつないでいる「挙筋腱膜」の異常です。

挙筋腱膜が加齢とともに薄くなって伸びてしまうと眼瞼下垂が起こります。高齢になると誰でも多少は両側の上まぶたが下がってきますが、特に、ハードコンタクトレンズを長年使用した人や、目をよくこする癖がある人に、腱膜性の眼瞼下垂が生じやすくなるといわれます。

ほかにも、眼瞼挙筋の力が弱いなど、筋肉が原因で起こるタイプもあります。このタイプは生まれつきのことが多く、多くは片側だけに生じるため、生後すぐに周囲の人が気づきやすいのが特徴です。

自分でできる眼瞼下垂の対処

眼瞼下垂は、軽度であれば自分でも対処することができます。軽度で上まぶたが薄い人の場合、まぶたに貼るテープや接着剤を用いてまぶたを上げることができます。これらは二重まぶたにする美容の目的で一般的に使われているものなので、ドラッグストアなどで購入できます。また、眼鏡のフレームにバネを取り付けて上まぶたを上げる「クラッチ眼鏡」も有効です。これは眼鏡店などで購入できます。

眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂の手術 腱膜縫縮術
眼瞼下垂の手術 前頭筋つり上げ術

眼瞼下垂の症状が強く、生活に支障をきたしている場合は手術を検討します。手術は原因に応じて次の2つの方法があります。

腱膜縫縮術

腱膜性の眼瞼下垂では、上まぶたの皮膚を切開し、伸びた腱膜を縫い縮める腱膜縫縮術を行います。

前頭筋つり上げ術

上まぶたの筋肉の力が弱かったり動きが悪いタイプでは、おでこの筋肉(前頭筋)を利用して上まぶたをつり上げる前頭筋つり上げ術を行います。前頭筋と眼瞼を人工の膜でつなぐことで上まぶたを持ち上げます。

どちらも、成人の場合は局所麻酔で行われ、1~2泊程度の入院、もしくは日帰りで手術が行われます。一般には、中等度以上の眼瞼下垂であれば手術が勧められますが、医師の説明をよく聞いて、手術のメリット・デメリットを十分に理解したうえで決めることが大切です。

眼瞼下垂のQ&A

『Q&A眼瞼下垂』はこちら