若くても危険「骨粗しょう症」 骨折しやすい人の特徴と「うつ」との意外な関係

更新日

人体(NHKスペシャル) 骨粗しょう症 うつ病

ハリウッド女優のグウィネス・パルトロウさんが、30代の若さで"初期の骨粗しょう症"(骨減少症、いわゆる「骨粗しょう症予備群」)と診断され、さらにうつ病を患っていたことを自身のブログで公表して話題になりました。意外なことに、うつと骨粗しょう症には知られざる関係があることが、最新研究からわかってきています。

正常な骨(左)と骨粗しょう症の骨。(画像:Images of normal & osteoporotic bone courtesy of Professor Tim Arnett, UCL )
正常な骨(左)と骨粗しょう症の骨
(画像:Images of normal & osteoporotic bone courtesy of Professor Tim Arnett, UCL )

骨はつねに作り替えられている

そもそも私たちの骨は、一生の間に常々作り替えが行われています。骨粗しょう症は、骨を作る「骨芽細胞」と骨を壊す「破骨細胞」による、骨の作り替えのバランスが崩れることによって引き起こされます。そのバランスを保つ働きをしているのが、骨芽細胞や破骨細胞に、「骨を作って!」「骨を壊して!」といったメッセージを伝えるミクロの物質、いわば"メッセージ物質"です。

骨をつくる細胞「骨芽細胞(オレンジ色)」と骨を壊す細胞「破骨細胞(ピンク色)」のCG。二つの細胞のバランスで骨が健康に保たれる。
骨をつくる丸い球状の「骨芽細胞(オレンジ色)」と、骨を壊す「破骨細胞(ピンク色)」(CG)
二つの細胞のバランスによって骨が健康に保たれる

女性ホルモン「エストロゲン」が低下すると骨粗しょう症に?

女性ホルモンの「エストロゲン」は破骨細胞の働きを抑えるメッセージ物質のひとつです。閉経によってエストロゲンの量が減少すると、破骨細胞が働きすぎ、"暴走"してしまいます。そのため閉経後の女性では骨粗しょう症のリスクが高まります。実は破骨細胞を暴走させてしまうメッセージ物質は他にもあります。しかもそれが"うつ"とも関係しているというのです。

アメリカ国立精神衛生研究所のペドロ・マルティネス博士とジオヴァニ・チザ博士は、閉経前の女性のうつ病患者では、「骨粗しょう予備群」が健康なグループの倍以上の割合でいることを発見しました。閉経前の女性ですから、すでにそれ以上のエストロゲンの減少は起きていません。なぜうつ患者に、骨量減少が多く確認されたのでしょうか。

閉経後の女性で骨粗しょう症のリスクが高まるのは、骨を壊す細胞の働きを抑える

閉経後の女性は、骨を壊す細胞の働きを抑える「エストロゲン」が低下し、骨粗しょう症のリスクが高まる

炎症を引き起こす"メッセージ物質"とうつ病の関係

これまで、抗うつ薬の副作用や、うつ状態での「運動不足、タバコやアルコール摂取の増加」などの生活習慣が、骨粗しょう症を招く原因になると考えられてきました。しかしマルティネス博士とチザ博士の研究によって、全く違うメカニズムが発見されました。うつ病患者のグループでは、IL(インターロイキン)-1、IL-6,TNF-αといった「炎症性サイトカイン」と呼ばれる"メッセージ物質"の血液中の量が多いことがわかったのです。

炎症性サイトカインは、体内の病原菌やウイルスを退治するために免疫細胞が出すメッセージ物質です。炎症反応を促して体内の異物を排除してくれます。しかしこの炎症性サイトカイン、骨を壊す「破骨細胞」の数を増やしたり、働きを促したりする作用も持っています。つまり、うつ病患者の体内では、何らかの理由で免疫細胞が過剰に炎症性サイトカインを放出しており、そのために骨量減少が起きていると考えられるのです。

免疫細胞が出す炎症性の
免疫細胞が出す"メッセージ物質"が破骨細胞の数を増やし、骨量を低下させる(CG)。

「うつ病」を患っている若い人は、骨の量に気をつけて!

マルティネス博士は「成長期の年代のうつ病患者は、とくに骨量のケアをすべき」と強調しています。骨の量は25歳くらいまで増え続けますが、それ以降は年齢とともに減少していきます。いわば成長期は「骨貯金」の時期。その大切な時期に、うつ病や、無理なダイエット、運動不足などで骨量を増やせないと、生涯にわたって骨粗しょう症のリスクが高まってしまうのです。

チザ医師は「うつ病患者が骨粗しょう症を発生するリスクについては、まだ現場の医師もほとんど認識できていないのが現実。うつ病患者の場合、若くても骨量測定をすべきだし、逆に若いのにちょっとしたことで骨折をした場合には、うつ病の可能性を疑ってみるべきだ」と言います。私たちの体内を飛びかうたくさんのメッセージ物質が、骨の作り替えにどのような影響を与えているのか、専門家の間でも、まだまだわからない領域が存在しているのです。

たとえ若くても骨粗しょう症予備群と呼べるほど骨量の減っている人たちが増えてきているという。
若くして「骨粗しょう症予備群」と呼べるほど骨量の減っている人たちが増えてきているという

【関連記事】
★『早期発見で骨折を防ぐ!骨密度を調べる骨粗しょう症の検査』
★『尻もちで骨折!?女性に多い骨粗しょう症とは』

この記事は以下の番組から作成しています

  • NHKスペシャル 放送
    NHKスペシャル「人体」第3集 “骨”が出す!最高の若返り物質