腰痛の原因

更新日

腰痛の原因

日本整形外科学会の調査によると、日本で腰痛の人は約3000万人いると推計されています。

一口に腰痛といっても、その原因はさまざまあります。腰痛を原因別に分類すると、重い脊椎の病気、内臓の病気、腰部脊柱管狭さくや椎間板ヘルニアなど、腰の神経の障害によるもの、そのほか、原因が特定しにくい非特異的腰痛に大きく分けられます。

腰痛の分類と頻度

腰痛を起こす重い脊椎の病気には、化のう性脊椎炎、がんの骨への転移、背骨の圧迫骨折などがあり、腰痛全体の約1%の患者さんがいると考えられています。

また、内臓からの神経の多くが腰に伸びているため、慢性すい炎、腎う腎炎、尿路結石、慢性の十二指腸潰瘍、子宮内膜症などで腰痛が起こることがあります。内臓の病気による腰痛は、腰痛全体の約2%の患者さんがいると考えられます。

腰部脊柱管狭さくや椎間板ヘルニアなど腰の神経の障害により起こる腰痛は、腰痛全体の約10%を占めます。このように、原因を特定できる腰痛は全体の約15%で、残りの約85%は原因を特定しにくい非特異的腰痛で、一般に腰痛症や坐骨神経痛などと診断されます。

非特異的腰痛の多くは、腰の椎間関節や筋肉などに原因があるといわれていますが、原因を特定するには、腰のある箇所の神経をまひさせて痛みが取れるかどうかを確認する検査を何か所も行う必要があるため、原因の特定までは行わず、痛みをとる治療が優先されます。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    腰痛 徹底解説「腰痛が起きたら」