病気が原因ではない「慢性頭痛」と病気が招く「二次性頭痛」とは

更新日

頭痛の2タイプ「慢性頭痛」と危険な「二次性頭痛」

頭痛には、原因となる病気がないのに、頭痛を繰り返す慢性頭痛と、何らかの病気によって頭痛が生じる二次性頭痛があります。

「慢性頭痛」はタイプを見極めて対処

慢性頭痛のタイプ

慢性頭痛は、原因となる病気がないのに頭痛を繰り返すもので、15歳以上の日本人の約40%に当たるおよそ4000万人が悩まされているとされています。

慢性頭痛には、ズキンズキンと痛む片頭痛、頭全体が締めつけられるように痛む緊張型頭痛、片目の奥や側頭部に激痛を感じる群発頭痛といったタイプのほか、薬の使い過ぎが原因で起こる頭痛(注1)もあります。頭痛の改善には、どのタイプなのかを見極め、適切な対処を行うことが大切です。

「二次性頭痛」の原因には命に関わる病気もある

危険な二次性頭痛

二次性頭痛が疑われるのは、50歳以上で初めて強い頭痛が起こった場合です。二次性頭痛の原因となる病気のなかには、突然の激しい頭痛を起こすくも膜下出血や、高熱を伴う頭痛を起こす髄膜炎、頭痛の強さが数週間の間にどんどん進行する脳腫瘍など、命に関わる危険なものがあります。

今までに経験したことがないような頭痛が起きた場合や、痛みが強くなった場合は、危険な病気の可能性もあるので、なるべく早めに医療機関へ行くことをおすすめします。


注1)薬の使いすぎによる頭痛は国際頭痛分類では二次性頭痛に分類されていますが、慢性頭痛の一つであるため、ここでは慢性頭痛として分類しました。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2017年8月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら