安静にすると逆効果?「変形性ひざ関節症」の痛みをとる対処法

更新日

痛みを運動で治す

痛みを運動で治す
痛みを運動で治す

変形性ひざ関節症になると、ひざが痛いために「動きたくない」とついつい安静にしがちです。動かずに運動不足になると、ひざを支える筋力の低下や体重増加を招き、ひざへの負担が増加してますます痛みが悪化するという悪循環に陥ってしまいます。
この悪循環を断ち切る第一歩が「痛くても動く」です。体を動かすことで、筋力アップや減量ができると、ひざの負担が軽減するとともに、痛みが改善され、さらに歩きやすくなるという好循環が生まれます。

変形性ひざ関節症の治療方針

変形性ひざ関節症の治療方針

変形性ひざ関節症の治療で大切なことは、まず「病気を知ること」です。その上で適切な運動療法を行い、肥満のある人は減量するというのが基本になります。この基本の治療法は軽度から進行した人まですべての人に共通してすすめられる治療になります。
運動療法で改善しない場合や痛みが強くて運動療法が行えない場合でも、薬や装具の助けを借りながら運動療法を根気よく続けることが重要です。運動による痛みの改善効果は高く、痛み止めののみ薬と同じくらい効果があることがわかっています。
変形性ひざ関節症には、具体的に関節の可動域を広げるストレッチや、下半身を中心とした筋トレ、そして、ウォーキングや水中ウォーキング、自転車などの有酸素運動の運動療法がおすすめです。
ただし、ひざが腫れて熱をもっている場合や、体調が悪い場合は運動を一時中断して様子をみてください。また、血圧が高い方や持病のある方は、担当の医師に相談してから運動を始めるようにしましょう。