イライラや不安など様々な症状が出る「男性の更年期障害」の対処法

更新日

男性の更年期障害とは

男性の更年期障害とは

更年期障害は、女性だけでなく男性にも起こることがあります。男性の更年期障害が起こる時期は個人差が大きく、男性ホルモンの低下が始まる40歳以降は、どの年代でも起こる可能性があります。
男性ホルモンは全身に作用し、筋肉や骨を強くする性機能を正常に保つなどの働きがあるほか、判断力や理解力などの認知能力を高める役割を果たしています。男性ホルモンの働きは多岐にわたるため、低下するとさまざまな症状が現れます。男性の更年期障害に深く関わっているのが、男性ホルモンのテストステロンです。テストステロンは、脳からの指令を受けて精巣で作られ、血液中に分泌されます。

イライラや不安、眠れない。 更年期障害の主な症状

主な症状

男性が更年期障害になると、心身に症状が現れます。心の症状には、興味や意欲の喪失眠れないイライラ不安憂うつなどがあります。一方、体の症状には、関節痛筋肉痛発汗ほてり疲れやすい肥満頻尿性機能の低下などがあります。心の症状のなかには、うつ病と共通するものがありますが、うつ病では痩せることが多いのに対して、更年期障害では太るのが特徴です。男性ホルモンには、肥満を抑える作用があるため、低下すると、食事や運動量など生活習慣が変わらないのに、太りやすくなります。

イライラや不安など 疑わしい症状が出たら男性更年期障害の診断を

男性更年期障害の診断

男性の更年期障害が疑われる場合は、泌尿器科を受診しましょう。最近では、男性更年期外来メンズヘルス外来などの専門外来を設けている医療機関もあります。
診断は、問診血液検査によって行われます。問診では、心身にどのような症状が出ているか、性機能の低下がないかなどを確認します。
血液検査では、男性ホルモンが十分に分泌されているかどうかを調べます。血液中のフリーテストステロンの値が8.5pg/mL未満で、心と体の症状が強い場合、男性の更年期障害と診断されます。

生活環境を見直す「男性ホルモン低下を防ぐ」

生活環境を見直す「男性ホルモン低下を防ぐ」

男性の更年期障害と診断さると、まず男性ホルモンの低下を防ぎ、分泌を高めるために生活環境の見直しを行います。ポイントは、競い合う運動睡眠ストレスをためないようにするの4つです。

「競い合う」
ゴルフやテニスなどのスポーツをする、囲碁や将棋のようなゲームをするなど、仲間と競い合うようにすることで、男性ホルモンが分泌され、症状の改善が期待できます。また、展覧会に作品を出品する、カラオケをするなど、人から評価される趣味をもつことも有効です。

「運動」
運動して体の大きな筋肉に刺激を与えると、男性ホルモンの分泌が増えることがわかっています。腕立てやスクワットなどの筋力トレーニング、階段の上り下り、少し息切れするくらいの速さで歩くなどの運動を、毎日10分程度でもよいので継続することが大切です。

「睡眠」
男性ホルモンは朝に高くなり、夕方に低下するという特徴があります。これは、眠っている間に男性ホルモンが分泌されるためです。不眠症などで十分な睡眠がとれなくなると、男性ホルモンの値が低いままになってしまうので、しっかりと睡眠をとりましょう。

「ストレスをためないようにする」
過剰なストレスがかかると、精巣で男性ホルモンを作る能力が落ちてしまいます。ゆっくり入浴する、休日に遠出して温泉につかる、趣味を楽しむなど、自分なりのストレス解消法をもつようにしましょう。

治療 症状が軽い場合

治療 症状が軽い場合

男性ホルモンの値がそれほど低くない場合や、症状が軽い場合は、漢方薬症状に応じた薬を使って治療していきます。男性の更年期障害で使われる代表的な漢方薬は補中益気湯[ほちゅうえっきとう]で、だるさ、気力がない、疲れやすいなどの症状に有効です。
うつ症状や不安症状など、心の症状がある場合は、抗うつ薬抗不安薬などを使うことがあります。また、男性ホルモンが低下すると骨が弱くなってくるため、骨粗しょう症薬を使うこともあります。さらに、勃起力や性欲が低下するなどの性機能に関わる症状がある場合は、ED治療薬が処方されます。

治療 症状が重い場合「男性ホルモン補充療法」

治療 症状が重い場合「男性ホルモン補充療法」

男性ホルモンの値が著しく低下して、症状が重い場合は、男性ホルモン補充療法を行います。現在、保険診療として認められている治療は、テストステロン製剤の注射で、2~4週間に1回、腕やお尻に注射します。
ただし、テストステロンを補充すると、精子を作る機能が抑制されて、男性不妊を起こすおそれがあります。そのため、将来子どもを希望する場合には、hCGホルモンでテストステロンの分泌を促します。hCGホルモンは原則、1週間に1~2回注射します。
注射による男性ホルモン補充療法は、3か月程度行って効果を見ます。効果がある場合には、1年を目安に補充療法を継続していきます。補充療法は、約6割の患者さんで効果が見られます。効果がない場合は、うつ病など、ほかの病気が疑われます。その場合は、精神科などでの治療が検討されます。

男性ホルモン補充療法 注意点

男性ホルモン補充療法 注意点

男性ホルモンは、前立腺がんを進行させる可能性があるため、前立腺がんの患者さんは治療が受けられません。また、肝臓に負担がかかる可能性があるため、肝臓病がある人も受けられません。
副作用にも十分な注意が必要です。男性ホルモンには、血液を作る造血作用があります。投与量が多くなると、血液の濃度が上がって多血症を引き起こし、場合によっては、脳梗塞を起こす可能性があります。そのため治療中には、1~3か月ごとの定期的な血液検査が必要です。