関節痛・腰痛に処方される漢方薬 種類と効果を徹底解説

更新日

関節痛と漢方

関節痛と漢方

漢方では、慢性的な関節の痛みの背景には「冷え」と、「気・血・水(き・けつ・すい)」のうち「血と水の異常がある」と考えます。特に、血の巡りが悪い「瘀血(おけつ)」、水の巡りが悪い「水滞(すいたい)」が関係すると捉えます。治療では、まず体を温めて「気・血・水」のバランスを整えます。関節の症状に対する漢方治療では、病気や症状に応じて西洋薬と漢方薬を併用します。
関節の痛みや腫れによく使われる漢方薬にはさまざまありますが、基礎になるのは、「桂皮(けいひ)」と「麻黄(まおう)」という2つの生薬(しょうやく)です。これらには、炎症を取り、関節に滞っている「水」の巡りを改善する効果があります。関節痛に対する処方としては、「葛根加苓朮附湯(かっこんかりょうじゅつぶとう)」「桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)」「越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)」などがよく用いられます。薬を選ぶ際には、「生薬の配合」「冷えの有無」「水滞の状態」などから、患者さんにあった薬を選びます。

腰痛と漢方

腰痛と漢方

腰痛には、関節の異常のほか、筋肉の異常、心理的な問題などさまざまな要素が関係している場合があります。“漢方治療だけで治したい”と思っていても、神経の圧迫がある場合などは、西洋医学的な治療が優先されます。まず、画像検査などにより、漢方治療が適しているかどうかを確認する必要があります。
腰痛のなかでも、急性期の痛みや筋肉の突っ張りには「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」が使われます。高齢になって体力がなくなり、ウエストラインの高さに痛みがある場合によく使われるのが「八味地黄丸(はちみじおうがん)」です。「苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)」は、腰骨より下の痛みがある場合によく使われます。冷えが強い場合には附子(ぶし)を加えることがあります。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    漢方を知ろう「関節痛があるとき」

関連タグ

病名
症状
関節痛 腰痛
部位
関節