脳にたまった髄液をおなかに移す治療を早期に行えば正常圧水頭症は改善の可能性

更新日

正常圧水頭症の治療法

正常圧水頭症の治療法

正常圧水頭症の治療は、主に「髄液シャント術」という手術が行われます。脳室にたまった過剰な脳脊髄液を、体内に入れた直径2mm程の管を通して腹腔に導く手術です。早期に治療すれば、日常生活に困らないレベルまで改善することができます。
現在、国内でよく行われている治療法は2つあります。
V-Pシャント術は、従来から行われてきた方法で、頭蓋骨に小さな孔を開けて脳室から腹腔に直接管を通す手術です。
L-Pシャント術は、近年多く行われるようになってきた手術で、腰の部分から腹腔へ管を通す手術です。腰椎が変形している人など、行うのが難しい場合は、V-Pシャント術を考えます。

Q&A「正常圧水頭症」はこちら