脳卒中後に起こる血管性認知症などが原因で起こる若年性認知症とは

更新日

65歳未満で発症する若年性認知症

65歳未満で発症する若年性認知症

若年性認知症とは、65歳未満で発症した認知症をいいます。認知症の原因で最も多いのはアルツハイマー病ですが、若年性認知症は、脳卒中のあとに起こる血管性認知症が最も多い原因で、約40%を占めています。2番目の原因がアルツハイマー病で約25%。次いで、交通事故などのあとに起こる頭部外傷後遺症の約8%、前頭側頭型認知症の約4%などが続きます。
若年性認知症は、平均発症年齢が51歳と働き盛りでの発症が多いため、高齢で発症する認知症とは異なる問題がさまざま起こります。