前立腺がんの検査

更新日

前立腺がんの検査

前立腺がんの検査

前立腺がんの検査では、前立腺から出されるタンパク質、前立腺特異抗原(PSA)の血液中の量を調べ、前立腺がんの疑いがあるかどうかを調べます。
PSA検査の基準値は、50歳~64歳までは3.0、65歳~69歳までは3.5、70歳以上は4.0です。PSA検査は国の推奨するがん検診には含まれていません。ただし、自治体によっては住民健診で行っているところもあります。
基準値を超えた場合には、直腸診・経直腸エコー・前立腺生検などの精密検査を受ける目安になります。
直腸診は、医師が手袋をして肛門から指を挿入し、直腸越しに前立腺に触れて、硬さを調べます。
経直腸エコー検査では、超音波を発信するプローブを直腸に挿入して、直腸越しに前立腺の大きさや形を調べます。
前立腺生検は、局所麻酔をしてから経直腸エコーの画像をみながら、細い針で前立腺の組織を採取してがん細胞の有無を調べます。