食道がんの治療 入院期間や内視鏡治療、手術について

更新日

病期に応じた治療とは

病期に応じた治療とは

食道がんの進行度は、がんが食道の壁のどのくらいまで深く達しているか、食道の周囲のリンパ節に転移があるかどうか、他の臓器への転移があるかどうかの3つから判断されます。病期は0期からⅣ期までの5つに分類され、病期ごとに標準的な治療法があります。
0期はがんが粘膜内にとどまっていて転移のない段階をいい、内視鏡治療が選択されます。
ⅠからⅢ期は手術を中心とした治療法が標準的ですが、抗がん剤と放射線を併用する化学放射線療法という選択肢もあります。Ⅳ期は、化学放射線療法や抗がん剤が基本ですが、痛みを緩和するための放射線治療や、がんによって食道が狭くなるのを防ぐための治療が行われることもあります。

内視鏡治療

内視鏡治療

内視鏡治療は、がんが粘膜内にとどまっていて、リンパ節転移がない場合に行われます。内視鏡を食道に挿入し、モニターを見ながらがんを切除します。
現在行われている治療法は、電気ナイフで病巣をはがし取る、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が主流です。内視鏡治療では、まれですが出血や食道の壁に穴があくなどの合併症の危険があるため、数日間の入院が必要です。

食道がんの手術

食道がんの手術

食道がんの手術は、がんが粘膜筋板に接するか、それより深く入り込んでいる場合に行われます。がんの深さは治療法を決定するための重要な目安です。
食道だけでなく周囲のリンパ節も切除しますが、食道の首の部分(頸部食道)にがんができた場合は、喉頭も一緒に切除しなければならないこともあります。胸の部分にできた場合は、食道とともに胃の一部を切除し、残った胃や腸をつり上げて食道を再建する手術が行われます。
食道の手術は、全身麻酔をかけ、6~8時間かけて行われます。入院期間は3~4週間必要で、その間にリハビリも行います。最近では、傷が小さくてすむ胸腔鏡手術腹腔鏡手術も普及しつつあります。

化学放射線療法

化学放射線療法

手術の代わりに、抗がん剤と放射線を組み合わせた化学放射線療法が行われる場合があります。
Ⅰ期においては手術と化学放射線療法は、同程度の効果が期待できるとする報告がありますが、Ⅱ期とⅢ期においては、手術と同程度の効果があるとは認められていません。
しかし、喉頭を含む食道を切除しないといけない場合は、化学放射線療法を選択するなど、喉頭を温存する治療を検討します。手術にするか化学放射線療法にするかは、担当の医師と相談してメリットとデメリットをよく理解して選択することが大切です。