食道がんの治療 入院期間や内視鏡治療、手術について

更新日

病期に応じた治療とは

食道がんの進行度を判別するための要素

食道がんの進行度は、がんが食道の壁のどのくらい深くまで達しているか、食道の周囲のリンパ節に転移があるかどうか、他の臓器への転移があるかどうかの3つから判断されます。病期は0期からⅣ期までの5つに分類され、病期ごとに標準的な治療法があります。

食道がんの進行度と治療法の表

0期は、がんが粘膜内にとどまっていて転移のない段階をいい、内視鏡治療が選択されます。
ⅠからⅢ期は、手術を中心とした治療法が標準的ですが、抗がん剤と放射線を併用する化学放射線療法という選択肢もあります。
Ⅳ期は、化学放射線療法や抗がん剤が基本ですが、痛みを緩和するための放射線治療や、がんによって食道が狭くなるのを防ぐための治療が行われることもあります。

がんの治療方法は進行度によって決まりますが、進行度が同じ人でも必ずしも全く同じ治療をするわけではありません。それぞれの治療にはメリット・デメリットがあるので、治療方法を決める上では本人の希望も大切です。

食道がんの内視鏡治療

内視鏡治療

内視鏡治療は、がんが粘膜内にとどまっていて、リンパ節への転移がない場合に行われます。内視鏡を食道に挿入し、モニターを見ながらがんを切除します。万が一、がんが残ってしまったり、リンパ節転移の危険があったりする場合は、追加治療として手術や化学放射線療法などを加えて行います。

現在行われている治療法は、電気ナイフで病巣をはがし取る、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が主流です。
内視鏡治療では、まれですが出血や食道の壁に穴があくなどの合併症の危険があるため、数日間の入院が必要です。

食道がんの手術

食道がんの手術

食道がんの手術は、がんが粘膜筋板に接するか、それより深く入り込んでいる場合に行われます。がんの深さは治療法を決定するための重要な目安です。

食道だけでなく周囲のリンパ節も切除しますが、食道の上部(頸部食道)にがんができた場合は、喉頭も一緒に切除しなければならないこともあります。胸の部分にできた場合は、食道とともに胃の一部を切除し、残った胃や腸をつり上げて食道を再建する手術が行われます。

食道の位置を示すイラスト

食道は体の背中側にあるため、食道に到達するためには体の表面だけでなく、肋骨や、肋骨と肋骨の間を切る必要があります。手術は、胸とお腹、首の3つの部分を切開していく大がかりな手術のため、全身麻酔で6~8時間かけて行われます。入院期間は3~4週間で、その間にリハビリも行います。

「食道がんの手術後のリハビリ」について詳しく知りたい方はこちら

傷が小さく負担の少ない胸腔鏡手術・腹腔鏡手術が普及しつつある

胸腔鏡手術に使う細長い道具

最近では、傷が小さくてすむ胸腔鏡手術や腹腔鏡手術も普及しつつあります。胸腔鏡や腹腔鏡と呼ばれるカメラのついた手術器具を使って、ほかの臓器を傷つけないように、慎重にモニターを見ながら食道や食道の周りのリンパ節を切除していきます。切開する手術に比べて患者への負担が少なく、手術後の回復も早いことから注目を集めています。ただし、高い技術を要する手術のため、今のところ、受けられる医療機関が限られています。

食道がんの化学放射線療法

化学放射線療法の内容についてのイラスト

手術の代わりに、抗がん剤と放射線を組み合わせた化学放射線療法が行われる場合があります。
抗がん剤は、がんの細胞の増殖・分裂を阻害する効果があります。放射線は強いエネルギーの電磁波や粒子線でがん細胞を死滅させる治療です。抗がん剤と放射線と組み合わせることで効果を高めることが期待できます。

化学放射線療法の治療スケジュール

化学放射線療法の治療スケジュール

一般的な進め方は、放射線を週5回、6週間、合計30回当てます。1回の放射線の照射は15分程度で、外来で受けることも可能ですが、抗がん剤を併用するには入院が必要です。抗がん剤は週4~5日間を1コースとして、放射線治療中に2コース行います。放射線治療後に、さらに1~2コース抗がん剤を追加することもあります。

食道がんの治療の選択 手術と化学放射線療法の選び方

食道がんの治療を選択する方針を表したイラスト

Ⅰ期においては手術と化学放射線療法は、同程度の効果が期待できるとする報告があります。Ⅱ期とⅢ期においては、抗がん剤を投与して手術する方が良い成績を出しており、化学放射線療法が同程度の効果があるとは認められていません。そのため、原則として第一選択は「抗がん剤+手術」となっています。

しかし、体に合併症などがあって手術できない場合や他の病気がある場合、高齢の場合、手術を望まない場合は、化学放射線療法も選択肢の1つとして示し、検討することもあります。

食道がんの手術と化学放射線療法のメリット・デメリット

食道がんの手術と化学放射線療法のメリットデメリットを示した表

手術のメリットは、しっかりとがんを物理的に取り除くことができることです。一方でデメリットは、非常に負担が大きく時間も長くかかる手術であり、合併症が起こる可能性もあることです。重篤な肺炎が起こってしまった場合は、亡くなることもありえます。また、手術後に声がかれてしまったり、飲み込みがしにくいなどの障害が出ることもあります。

化学放射線療法のメリットは、切らずに済むので食道を温存できることです。デメリットは、治療を受ける3分の2の人でがんが残ってしまうことです。化学放射線療法だけで、Ⅱ期・Ⅲ期の人が治る確率は全体の3分の1程度なのです。一旦、消えたように見えても、またがんが出てきて手術が必要になったり、もしくは手術ができないところまで症状が進んでしまったりすることも起こりえます。また、一般的な副作用として吐き気やおう吐、腎臓の機能障害、血液細胞の減少などがあります。また、晩期毒性という合併症が出るおそれもあります。

さらに、化学放射線療法をした後に手術を行う場合は、最初から手術を選択したときより、リスクが上がってしまい、手術が難しくなってしまうこともあるので注意が必要です。

食道がんの治療選択の例: 頸部にがんが見つかったAさんの場合

食道がんの治療選択の例 頸部にがんが見つかった場合

Ⅱ期の進行がんの場合、基本的に第一選択は「抗がん剤+手術」となります。しかし、首の食道である頸部のがんでは、喉頭を含む食道を切除しなくてはならないので、声を出す機能を失う可能性があります。このような場合は、化学放射線療法を選択するなど、喉頭を温存する治療を検討することがあります。手術にするか化学放射線療法にするかは、担当の医師と相談してメリットとデメリットをよく理解して選択することが大切です。