初期の自覚症状がない食道がん、日本人に多い扁平上皮がんとは

更新日

日本人の食道がんの90%以上が扁平上皮がん

日本人の食道がんの90%以上が扁平上皮がん

日本人と欧米人では、食道がんになる原因が大きく異なります。日本では飲酒や喫煙、欧米では胃食道逆流症が大きな原因とされており、それらの原因によって食道がんの発生する場所も異なります。
飲酒や喫煙が原因で起こる食道がんは、食道の中央部にできることが多く、「扁平上皮がん」と呼ばれるタイプになります。胃食道逆流症が原因で起こる食道がんは、食道の下部、食道と胃のつなぎ目にできやすい特徴があり、「腺がん」と呼ばれるタイプになります。
日本人の90%以上は扁平上がんです。

食道がんの症状

食道がんの症状

がんができる場所に関係なく、早期ではほとんど自覚症状がありません。人によっては、熱いものや酸っぱいものがのどにしみたり、のみ込むときに違和感がある程度です。
進行すると、がんが大きくなって食道の内腔を狭めるため、のみ込みにくいなどの自覚症状が現れます。食事をとりにくくなり、体重が減ってきたら食道がんが進行している可能性があります。さらに、他の臓器に転移すると、食道とは関係ない場所に症状が出てきます。声がかすれたり、咳が出たり、また背中や胸に痛みを感じたりすることもあります。
少しでも食道がんを早期発見するためにも、食道がんの症状を知って、違和感を覚えたら消化器科を受診しましょう。