記憶力低下などの症状がみられる軽度認知障害とは

更新日

軽度認知障害とは

軽度認知障害とは

軽度認知障害とは、健常と認知症の間のグレーゾーン状態のことで、MCIとも呼ばれます。この状態になると、記憶力や判断力、物事を組み立てて行う能力、言語能力といった認知機能に多少の低下があるものの、日常生活にはさほど支障はありません。
たとえば、昨日外出したという、自分の体験そのものを忘れてしまうことがありますが、「昨日はあそこに出かけたじゃない」などと指摘すると思い出します。
厚生労働省の推計では、軽度認知障害のある人は約400万人おり、65歳以上の人の約13%、認知症のある人は約462万人で、65歳以上の人の約15%とされています。つまり、65歳以上の人の30%近くが軽度認知障害もしくは認知症と考えられます。

進行を遅らせるには軽度認知障害の段階で原因を突き止める

進行を遅らせるには軽度認知障害の段階で原因を突き止める

軽度認知障害や認知症の原因の60~70%は、アルツハイマー病と考えられています。
進行を遅らせるには、軽度認識障害の段階でしっかりと原因を突き止めて、適切な治療を早期に行うことが大事。そうすれば、認知症の進行を遅らせることができるだけでなく、原因となる病気の種類によっては治療によって根治できる場合もあります。

『Q&A アルツハイマー病』はこちら