脂質異常症の原因

更新日

LDLコレステロールとHDLコレステロール

LDLコレステロールとHDLコレステロール
LDLコレステロールとHDLコレステロール

血液中のコレステロールや中性脂肪が増えすぎた状態は、動脈硬化が進行します。ただ、そもそもコレステロールは私たちの体にとって必要な物質です。
コレステロールは、血液によって全身に運ばれています。そのときコレステロールはLDLという粒子の形になります。しかし、LDLは増えすぎると血管壁に入り込んで動脈硬化を起こしてしまいます。そのためLDLは悪玉と呼ばれます。
反対に、余ったコレステロールはHDLという粒子の形で回収されます。このとき血管壁にたまったコレステロールも抜き取られます。そのためHDLは善玉と呼ばれています。

中性脂肪

中性脂肪

中性脂肪は、コレステロールとは別の物質ですが、悪玉LDLの味方、善玉HDLの敵として働きます。
血液中に中性脂肪が増えると、悪玉LDLは小型化して血管壁にいっそう入り込みやすくなります。小型のLDLは通常のLDLよりも酸化されやすいので超悪玉と呼ばれます。
また、中性脂肪の増加によって善玉HDLのコレステロールは量が減ってしまいます。こうして中性脂肪もまた動脈硬化を悪化させていくのです。