前触れもなく突然耳が聞こえなくなった! 突発性難聴?

更新日

突発性難聴とは

突発性難聴とは

突発性難聴は、年齢にかかわらず、それまで健康で耳の病気をしたことがない人が、明らかな原因もないのにある日突然聞こえなくなる病気です。どの年齢層でも発症する可能性がありますが、特に仕事や家庭のことでストレスがかかりやすい30~60歳代の人に多い傾向があります。
多くの場合、片方の耳だけに起こるのが特徴です。難聴以外の症状として、耳鳴りや耳がふさがったような耳閉感めまいなどを伴う場合もあります。
原因はよくわかっていませんが、睡眠不足、不規則な生活、多量の飲酒、疲労の蓄積、糖尿病などと関連が深く、血流障害やウイルス感染による炎症が関係しているのではないかと考えられています。

早めの治療が肝心

早めの治療が肝心

突発性難聴は、発症した日から数日以内には治療を開始することが大切です。
耳には細かい血管があり、酸素が感覚器官に送られていますが、血流障害が起きることで、血液の流れが長い時間滞ると、内耳の「有毛細胞」が壊れてしまいます。この有毛細胞は音の振動をキャッチして電気信号に変え、脳へ送る役割をしています。有毛細胞は一度壊れると再生しないため、治療が遅れると、聴力の障害もひどくなって治療が困難になると考えられています。
発症直後であれば、有毛細胞が壊れていない場合もあるので、治療によって治る可能性があります。発症してから数日以内に耳鼻科を受診するようにしてください。