高齢者に特有なうつ症状とは

更新日

高齢者のうつ病とは

高齢者のうつ病とは

高齢になると、環境の変化に加え、加齢に伴う衰えや病気なども増え、うつ病になりやすいと考えられています。
環境的な原因としては、「退職」「家族、友人などの病気や死」「子どもの自立」など大きな生活環境の変化によって、気分が落ち込む理由が増えることが挙げられます。
体質的な原因としては、「体力の衰え」や「病気」、加齢に伴う「脳の機能の衰え」などが挙げられます。
また、高齢者に多い、がんや脳卒中、認知症、パーキンソン病、糖尿病などの病気は、うつ病を併発しやすく、うつ病の発症をきっかけに持病が悪化することもあります。そのため、高齢者の場合は、うつ病と併発している病気も併せて治療していくことが必要となります。

高齢者特有のうつ病の症状

高齢者特有のうつ病の症状

高齢者のうつ病には、若い人のうつ病とは異なる特有の症状があります。
まず、心の不調よりも「頭痛」「胃痛」「息苦しさ」「しびれ」「めまい」など体の不調を多く訴えます。内科などで検査をしても原因が見当たらず、精神科を受診してうつ病と診断された、というケースが少なくありません。
また、高齢者に特有の症状として、体の不調のほかに「妄想」や「不安・緊張」などがあります。
妄想とは現実ではないことを現実だと思ってしまうことです。たとえば、治る病気であっても「自分は不治の病にかかってしまった」と思う「心気妄想」や、「周りに迷惑をかけているから詫びなければ」と思う「罪業妄想」、お金があるのに「お金がなくて生きていけない」と思い込む「貧困妄想」などがあります。
さらに、不安や緊張にかられるのも特徴で、不安や緊張が強まると自殺につながることがあるので注意が必要です。