高齢者の糖尿病対策1 高血糖だけでなく、低血糖にも要注意

更新日

新たな血糖管理の目標

新たな血糖管理の目標

2016年5月、日本糖尿病学会と日本老年医学会は、糖尿病のある高齢者がめざすべき血糖管理の目標を新しく定めました。一般成人は過去1〜2か月の血糖値の平均を示すヘモグロビンA1cで7%未満が基本の目標ですが、高齢者は一人ひとりの健康状態などに応じ7%未満、7.5%未満、8%未満、8.5%未満のいずれかを目標にします。つまり、高齢者は少しゆるめの目標になったのです。

高齢者が気をつけたい低血糖

高齢者が気をつけたい低血糖
高齢者が気をつけたい低血糖

高齢者の目標がゆるくなったのは、低血糖にならないような治療をするのが最大の目的です。糖尿病の薬が効き過ぎたことで血糖値が下がり過ぎるのが低血糖ですが、高齢者は、薬を分解する肝臓や、薬を排せつする腎臓の働きが低下するため、血糖を下げる薬が効き過ぎて低血糖を起こしやすいのです。しかも、自律神経や認知機能が低下している場合は低血糖に気づきにくくなります。
高齢者が重い低血糖を起こすと、心筋梗塞・脳梗塞、認知機能低下、転倒・骨折などのリスクが高まります。つまり、糖尿病の治療は、高血糖の改善はもちろんのこと、低血糖も同じくらい避ける必要があるのです。
低血糖を防ぐには、まず重い低血糖を招きやすい薬を把握することが大切です。インスリン製剤・スルホニル尿素薬・速効型インスリン分泌促進薬などがそれに当たります。これらの薬を使用する場合、薬をふだん通りに使っていても、食事を抜いたり、食事の量が少なかったり、仕事や運動で体を激しく動かしたりすると、血糖値が下がりすぎることがあるのです。

目標値は健康状態や薬の種類で変わる

目標値は健康状態や薬の種類で変わる

高齢者の血糖管理の目標値は、一人一人の状態に応じて設定します。まず、認知機能と日常生活動作の自立度に応じ3つのカテゴリーに分けます。
認知機能が正常で日常生活動作も自立している人はカテゴリー1の目標値を目指します。認知機能に軽い障害がある人や日常生活動作が少し低下して買い物や食事の準備が自立してできない人はカテゴリー2です。認知症がある程度進んでいる人や日常生活動作が大きく低下して、服を着る・入浴・トイレなどの基本の動作もできない人はカテゴリー3です。持病が多い人などもカテゴリー3です。
さらに使っている薬に注目します。低血糖が心配されるインスリン製剤・スルホニル尿素薬・速効型インスリン分泌促進薬などを使っているかどうかで目標値が変わるのです。低血糖を起こしやすい薬を使っている場合は、下限値も定められました。これより低い値になると低血糖が特に起こりやすいため、これより低い値は目指さないという意味です。

Q&A「糖尿病」はこちら