薬の服用で99%以上が除菌できる!ピロリ菌の検査と除菌治療

更新日

ピロリ菌の検査

ピロリ菌の検査

ピロリ菌に感染しているかどうかを調べる検査には、検査用の薬をのんだあとに吐いた息を調べる尿素呼気試験、血液や尿を調べる抗体検査、便を調べる便中抗原検査などの方法があります。より正確に判定するため、複数の検査が行われる場合もあります。
ピロリ菌に感染していたら、胃の内視鏡検査を行い、胃炎や胃がんなどが起きていないか、胃の粘膜の状態を観察します。
胃炎や胃潰瘍がある人が、ピロリ菌検査を受ける場合は、健康保険が適用されます。胃の痛みなどがなく、自主的に検査を受ける場合は、内科、消化器内科、人間ドックなどに問い合わせた上で受けられます。全額自己負担で、3,000~5,000円ほどかかります。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌の除菌治療
ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌の感染がわかり、内視鏡でピロリ感染胃炎と診断されたら、保険適用でのみ薬による除菌治療が行われます。
まず2種類の抗生物質(抗菌薬)、アモキシシリンクラリスロマイシンと、胃酸によって抗生物質(抗菌薬)が効かなくなるのを防ぐためにカリウムきっ抗型胃酸分泌抑制薬プロトンポンプ阻害薬など胃酸の分泌を抑える薬、合計3種類の薬を、1日2回、7日間のみ続けます。これが1次除菌で、治療が終わってから1~2か月後にピロリ菌の検査を行い、感染していなければ治療終了となります。
ピロリ菌が残っていたら、2次除菌を行います。クラリスロマイシンをメトロニダゾールに変えて、再び3種類の薬を7日間のみ続けます。1次治療と2次治療を合わせると、除菌の成功率は99%以上です。
ピロリ菌の除菌は、多くの場合、胃がんになる可能性を大きく下げますが、ゼロにするわけではありません。なぜかというと、胃がんになるかどうかは、ピロリ菌がどれだけ長い間、胃にダメージを与え続けていたかが問題だからです。そこで、内視鏡検査で胃粘膜の萎縮の程度を確認します。

ピロリ菌の除菌治療

内視鏡検査は、ピロリ菌の除菌治療前に受けますが、胃粘膜の萎縮があると診断された人は、除菌後も胃がんが発生していないかチェックするため、年に1回など、定期的に内視鏡検査を受けることをおすすめします。
中には、検査でピロリ菌が見つからなかったのに、胃がんになってしまうケースもあるので、50歳を過ぎたら、ピロリ菌感染の有無に関わらず、一度、胃の内視鏡検査を受けたほうがよいでしょう。