糖尿病の合併症1 糖尿病網膜症、糖尿病腎症

更新日

三大合併症の一つ「糖尿病網膜症」とは

三大合併症の一つ「糖尿病網膜症」とは

糖尿病の三大合併症の一つである糖尿病網膜症は、目の網膜の細い血管が障害されて起こります。
血管が詰まると、そこには新生血管というものができます。新生血管はすぐに出血しやすく、そこに増殖膜というものを作ります。新生血管と増殖膜は、硝子体と網膜を癒着させるため、加齢などによって硝子体が縮むときに網膜が引き剥がされてしまいます。その結果、視力が著しく低下したり失明したりします。
網膜症の多くは、かなり進行するまで自覚症状がありません。ものが見えにくい症状が現れたら、相当悪化していると考えられるので、早期発見のためにも眼科を定期的に受診し、眼底検査を受けることをおすすめします。
網膜症の予防と治療に最も重要なのは、血糖値の管理です。過去1~2か月の血糖値の平均を表すヘモグロビンA1cという血液検査の値を7%未満に保つことが必要です。これは三大合併症で共通の目標値です。
網膜症がかなり進行したときは、光凝固療法という、網膜にレーザーを当てて新生血管ができないようにする手術や、増殖膜を取り除く手術も行われます。

三大合併症の一つ「糖尿病腎症」とは

三大合併症の一つ「糖尿病腎症」とは

腎臓は、体内の老廃物を排せつしたり塩分・水分を調節したりする臓器です。この働きが徐々に低下するのが腎症です。糖尿病腎症になると、老廃物などが体内に溜まったり、必要なたんぱくが尿に漏れたりします。
糖尿病腎症は、最初のころは自覚症状がなく、相当進行してから、だるさ・むくみ・吐き気・食欲不振などの症状が現われます。早期発見するには、尿中アルブミン検査が有効です。
たんぱくの一種、アルブミンは腎症のごく早期から尿に漏れるため、この検査によって見つけることができます。職場や自治体の健康診断で行われる尿検査や血液検査では、腎症がある程度進行してからでないと発見できません。
糖尿病腎症の予防と治療には、血糖管理が大切ですが、血圧管理も欠かせません。目標は130/80mmHg未満で、通常の高血圧の治療より厳しい値です。高血圧がある場合には、食事では減塩が必要で、目標は1日6g未満。腎症が進行した場合、たんぱく質やカリウムを制限することもあります。

Q&A「糖尿病」はこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    糖尿病 治療の秘けつ「合併症を食い止める」