失明や透析治療が必要になることも! 糖尿病の三大合併症とは

更新日

糖尿病の合併症とは

糖尿病の合併症とは

糖尿病と診断されても多くの場合は、自覚症状がありません。ところが、血糖値が高い状態を長く放置していると、目や腎臓の細い血管など全身のあちこちの血管が傷つき、さまざまな病気を招いてしまいます。これを糖尿病の合併症と言います。
目が悪くなる糖尿病網膜症、腎臓が悪くなる糖尿病腎症、神経が悪くなる糖尿病神経障害の3つが代表的で「三大合併症」と呼ばれます。最悪の場合、それぞれ失明、血液透析、足の指などの切断にまで至ります。
また、糖尿病は動脈硬化を進めて、最悪の場合、脳梗塞心筋梗塞といった命に関わる病気を引き起こすこともあります。

Q&A「糖尿病」はこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    糖尿病 治療の秘けつ「合併症を食い止める」