機能性ディスペプシアの原因と症状 セルフチェック

更新日

機能性ディスペプシア 腹痛 胃・腸・食道

機能性ディスペプシアとは

機能性ディスペプシアの症状

機能性ディスペプシアの症状

機能性ディスペプシアは、胃もたれ、早期満腹感、胃の痛みといった胃の症状が一時的でなく慢性的に起こっていて、胃の画像検査で異常が見られない状態を総称した病名です。
日本では、さまざまな調査結果によって、約10人に1人が機能性ディスペプシアと考えられています。

機能性ディスペプシアの検査

機能性ディスペプシアは、内視鏡検査による診断が理想ですが、バリウム検査で胃の病気がないとされた場合でも機能性ディスペプシアと診断されます。

胃の異常を感じ、生活の質を下げてしまう

機能性ディスペプシアは検査で病気が見られないとされるものの、胃の痛み、胃もたれといった不快感を及ぼすことから、仕事に集中できない、勉強に身が入らない、病院に行くために会社を休まなければならないといった悩みにつながります。
社会的な労働生産性にも影響すると言えるでしょう。

機能性ディスペプシアの原因

なぜ胃の異常が起こるのか

早期満腹感のメカニズム

通常は胃に食べ物が入ると反射的に胃の上の部分が広がります。しかしこの時に胃の上の部分が十分に広がらないために、少し食べただけでおなかがいっぱいになってしまうと考えられています。

胃の壁が波打つように動くことで、食べたものを胃から十二指腸に送る
波打つ動きが弱くなると胃もたれを引き起こす

また、通常は胃の壁が波打つように動くことで、食べたものを胃から十二指腸に送っています。ところがこの動きが弱くなると胃の中に長く食べ物が残ってしまうため、胃もたれを引き起こすといわれています。

知覚過敏になるために胃に痛みを感じる

そして、胃の痛みについてですが、通常は胃から分泌された胃酸によって痛みを感じることはありません。ところが、胃が胃酸に対して知覚過敏になるため胃に痛みを感じるとされています。

原因はストレス、自律神経の乱れ、胃の働きの異常

機能性ディスペプシアの原因

機能性ディスペプシアは、ストレスによる自律神経の乱れで自律神経に制御されている胃の働きがおかしくなることが原因の一つと考えられています。
ストレスを感じやすい人がなりやすく、疲労を感じやすい人もなりやすいと言われています。ほかにも、睡眠不足や食生活の乱れ、喫煙などは自律神経の働きを乱しやすくし、機能性ディスペプシアを悪化させる要因になります。また、胃酸の出すぎやピロリ菌の感染は、胃の働きに直接影響します。

機能性ディスペプシアは治療を行うことによって改善することができます。胃の異常を慢性的に感じるようであれば、医師に相談されることをお勧めします。
機能性ディスペプシアの治療や改善に向けた具体的な食事法、運動法などについてこちらの記事で解説しています。

記事『機能性ディスペプシアを改善する治療法・食事法・運動・薬』はこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    胃の病気 最新治療「機能性ディスペプシア」