手の痛みとしびれにご用心!命に関わる病気の症状の可能性も

更新日

手根管症候群 ばね指 腱鞘炎(けんしょうえん) 変形性関節症 しびれがある 手・腕が痛い 手・腕

手は骨、腱、腱鞘、神経で構成されている

手の構造

手は27個の骨からできています。このたくさんの手の骨を動かすことができるのは、筋肉と骨を結び付ける「腱(けん)」というひも状の組織があるからです。

前腕の筋肉からのびている腱は、手のひら側と手の甲側に手首から指先まで通っていて、骨と筋肉を結びつけています。この腱が引っ張られることで骨・関節が動きます。
腱が骨から離れないように、「腱鞘(けんしょう)」という鞘のような組織で覆われています。さらに、「神経」が、手首からそれぞれの指先へと枝分かれして伸びています。

本当は怖い手指の痛み・しびれ 命に関わる病気の可能性も

複雑で精密な動きが可能な手指。この手指に「痛み」や「しびれ」が起こる病気はたくさんあります。
特に、「しびれ」は命に関わる病気の可能性もあるので、特徴的な症状を知っておきましょう。手の病気だと思ったら、実は脳や全身の病気だったということもめずらしくありません。

手指の痛み・しびれの症状について

手指に痛みやしびれが起こる病気はたくさんあります。なかには、命に関わる病気もあるので、痛みやしびれ以外にどのような症状があるのかを見極めることが大切です。
見極めるポイントは次の3つです。

病気を見極める3つのポイント

  • 手指にしびれと痛みがある
  • 指を伸ばそうとすると「カクン」となって、痛みと腫れがある
  • 指をまっすぐ伸ばせず、痛みがある

手指にしびれと痛みがある場合

手指に、しびれと痛みの両方がある人は、手根管症候群の可能性があります。痛みは初期に強いことが多く、進行すると、しびれだけになることが多いです。
手指にしびれだけがある場合は、脳卒中糖尿病、首の病気、手根管症候群などの病気の可能性が考えられます。

脳卒中の場合は、手指のしびれだけでなく半身の麻痺が起きることがあります。糖尿病の場合は、両手にしびれが現れるほか、足にもしびれが現れることがあります。また、仰向けに寝て首を左右に倒してみて、反対側の手のしびれがひどくなる場合は、頸椎症や頸椎症性神経根症など、首の病気である可能性があります。

指を伸ばそうとすると「カクン」となる場合

指を伸ばそうとしたときに「カクン」と引っかかってはねるような動きをし、痛みと腫れが見られる場合は、腱鞘炎の症状であるばね指が疑われます。

指をまっすぐ伸ばせず 痛みがある場合

骨折などの外傷の可能性もありますが、指の骨と骨の間にある関節に変形が起こる「変形性関節症」あるいは「関節リウマチ」が考えられます。

手足のしびれについてご自身でチェックする方法をこちらの記事で取り上げています。

手足のしびれの原因、セルフチェック

また、手指に痛みやしびれが起こる病気はたくさんありますが、その中でも特に患者数が多い病気について、それぞれの記事で詳しく解説しています。

指の痛みや腫れは「腱鞘炎」かも小指以外のしびれ、痛みは「手根管症候群」かも小指と薬指だけのしびれは「肘(ちゅう)部管症候群」かもひじから手の小指側の痛み・しびれは「胸郭出口症候群」かも指の関節が変形。膨らみが硬いなら「変形性指関節症」かも指の関節が変形。膨らみが軟らかいなら「関節リウマチ」かも

手指の痛みとしびれのQ&A

『Q&A手指の痛みとしびれ』はこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    手指の痛みとしびれ「どんな症状?」