唾液が減って口の乾きや痛みに悩まされるドライマウスとは

更新日

ドライマウスとは

ドライマウスとは

ドライマウスとは、唾液の量が減って口やのどが乾燥した状態のことを言います。
特に、高齢者になると唾液の分泌量が減ったり、使っている薬の副作用があったりするので、ドライマウスになりやすいと言われています。そのため、高齢社会に伴って、今後も患者数が増えていくことが予測されます。唾液が減ると、しゃべりにくい、乾いた物が食べづらいなどの症状が出るだけでなく、「歯周病」「虫歯」「口内炎」「味覚障害」など、そのほかの病気も引き起こすことがあります。
ドライマウスの主な原因は、さまざまありますが、特に多いのは加齢です。加齢によって、唾液を作る唾液腺の機能が低下し、唾液の分泌量が減ってしまいます。
虫歯やフィットしない入れ歯を使っているせいで食べ物を噛む回数が減っていたり、ストレスを感じていたりするときも唾液の分泌量が減る場合もあります。
また、抗うつ薬や抗アレルギー薬、降圧薬などの副作用として、唾液の分泌量の低下がみられることもあります。
免疫細胞が自分の体の細胞を壊してしまう自己免疫疾患の一つ、シェーグレン症候群では、唾液腺や涙腺の細胞がダメージを受けるため、唾液や涙の量が減ります。糖尿病が重症化したときも口の渇きが現れることもあります。

ドライマウスの症状

ドライマウスになると、以下のような症状が出ることがあります。

  • 口やのどの渇きがずっと続く
  • 口の中がネバネバする
  • 口の中が痛い
  • パンやビスケットなど乾いたものが食べづらい
  • 味覚がおかしい
  • 夜、口が乾いて目が覚める

誰しも緊張したときなど、一時的に口が乾くことがあります。実際は、病気でない場合がありますが、心配であれば一度、歯科やドライマウスを専門にしている医療機関を受診しましょう。
上記の症状が慢性的に続いている場合や、口に痛みなどの違和感があるときには特に注意が必要です。