泌尿器の病気 最新情報「前立腺肥大症」

更新日

前立腺肥大症とは

前立腺肥大症とは

前立腺肥大症は、前立腺が肥大して排尿障害が起こる病気です。前立腺は男性に特有の臓器で、膀胱[ぼうこう]のすぐ下で尿道を取り囲むように位置しており、精液の一部をつくる働きをしているほか、排尿にも関わっています。前立腺肥大症の症状は、頻尿や尿意切迫感といった蓄尿症状、尿の勢いが弱い、途中で途切れるなどの排尿症状、残尿感がある、尿の切れが悪いといった排尿後症状の3つに分類されます。50歳を過ぎると急増し、50歳以上の男性の5人に1人が前立腺肥大症であると推定されています。前立腺肥大症かどうかを調べるには、国際前立腺症状スコアを簡略化したチェック表が使われています。

前立腺肥大症とは

医療機関では、まず問診が行われ、現れている症状とその程度から重症度を判定します。検査には、直腸越しに医師が前立腺に触れてチェックする直腸診、腹部に超音波を当てて前立腺の大きさを調べる超音波検査、排尿時の尿の流れを測定する尿流量検査、排尿後の残尿量を調べる残尿測定、尿の沈殿物を調べる尿沈渣[ちんさ]、前立腺がんの有無を調べるPSA検査などが行われます。

治療

治療

前立腺肥大症は命に直接かかわる病気ではありません。しかし、症状がつらかったり、日常生活に支障がある場合には、治療を受けることが勧められます。
治療では、まず薬物療法が行われます。排尿症状がある場合には、前立腺の緊張を緩めて尿を通りやすくするα1遮断薬や、男性ホルモンの影響を抑える5α還元酵素阻害薬が使われます。蓄尿症状には、膀胱の緊張を和らげる抗コリン薬や、膀胱を弛緩[しかん]させるβ3作動薬などが使われます。

治療

薬物療法で効果がないときは手術を検討します。いずれも尿道から内視鏡を入れて行う治療で、「TURP(経尿道的前立腺切除術)」「TUEB(経尿道的前立腺核出切除術)」「PVP(光選択的前立腺レーザー蒸散術)」といった方法があります。