義歯を良好に保つには、義歯の掃除、定期的な検診が大切

更新日

義歯をつけてからの対処法

義歯をつけてからの対処法

義歯の状態を良好に保ち、ほかの歯を守るために、まず欠かせないのが掃除や手入れです。
義歯の汚れは、周辺の粘膜に炎症を起こす口内炎や、周りの歯が歯周病を起こす原因となります。入れ歯を掃除するときは、取り外して歯ブラシで全体をみがいた上で洗浄液につけましょう。
ブリッジやインプラントなど固定式の場合は、歯ブラシで磨く以外に、専用のデンタルフロスや歯間ブラシなどを使って義歯と歯ぐきの間を念入りに掃除する必要があります。歯科医に確認した上で、指示された方法で行うようにしてください。
義歯を入れた直後というのは、いわば試用期間といえます。実際に使ってみると不具合が出る可能性があるので、治療後しばらくは歯科医で点検や調整を行う必要があります。その後も定期的に歯科を受診し、義歯や、周辺の歯や粘膜の状態のチェックを受けるようにしてください。