歯を失ったときの治療法 ブリッジ、入れ歯、インプラント

更新日

義歯のタイプ

義歯のタイプ

歯周病や虫歯などで歯を失った場合、見た目を良くし、食べ物をかむ力を維持し、残った歯を良好な状態に保つためにも、ブリッジ入れ歯などの義歯を使うことが欠かせません。
歯を失った状態のままにしていると、その隣や真上の歯などが不安定になってしまうことで位置がずれ、その結果、かみ合わせが悪化します。残った歯を安定させるのも、義歯を使う目的といえます。
義歯には、ブリッジや入れ歯、インプラントなどがありますが、義歯を使う際は、歯科医師から、使用できる義歯の種類や特徴、長所、短所、治療法などについて説明を受け、よく理解したうえで選ぶことが大事です。
義歯を選ぶ際のポイントは、失った歯の数が何本までなら使用できるか、治療や装着に伴う身体的な負担、装着による違和感の程度、かむ能力、見た目、費用、掃除のしやすさ、適用が難しいのはどんな場合か、などがあげられます。