口臭の原因は消化不良、肝機能低下、糖尿病、歯周病などさまざま

更新日

口臭の原因

口臭の原因

口臭の原因は、大きく分けて2つあります。
1つめの原因は、内臓など体にある場合で、消化不良、肝機能低下、糖尿病などが原因と考えられます。
消化不良の場合は、食べたものが胃や腸で停滞し、異常発酵することで腐ったようなニオイの口臭が特徴です。肝機能低下では、毒素が分解されないためにアンモニア臭がし、糖尿病では、アセトン臭という甘酸っぱいニオイが特徴的です。
内臓など体に原因がある場合は、歯科医ではなく内科医の受診がおすすめです。
2つめの原因は、口の中にある場合で、「舌苔」という舌の汚れや歯の汚れ(プラーク)、虫歯、歯周病などが考えられます。
「舌苔」とは、舌の表面に溜まった細菌の塊のことで、なかなかとれません。
舌の表面は、舌乳頭という凸凹の組織で覆われていて、ここに口や舌の表面からはがれた古い細胞や食べものが溜まると、それを栄養源とする細菌がどんどん増殖していきます。そうして細菌がニオイを出しながら、しかもネバネバとした物質を出し、ますますとれにくくなってしまうのです。

『Q&A口臭』はこちら