治らない鼻づまりや鼻水、慢性副鼻腔炎かも。原因と改善方法まとめ

更新日

鼻づまり・鼻水が長引く原因は
「慢性副鼻腔炎」の可能性あり

副鼻腔(ふくびくう)とは、誰もが持っている、顔の中にある空洞です。副鼻腔は、頬骨の中、おでこのあたり、目と目の間、その後ろの部分の4箇所にあり、それぞれ骨で囲われた空間で、内側は粘膜で覆われています。これらが左右にあるので、合計8つの副鼻腔があります。すべての副鼻腔は小さい穴を通じて、のどへと続く空気の通り道「鼻腔」につながっています。
この副鼻腔に炎症が起きたものを「副鼻腔炎」といい、炎症が3か月以上続くと「慢性副鼻腔炎」と診断されます。慢性副鼻腔炎になると、鼻水や鼻づまりが長く続きます。

慢性副鼻腔炎には、いくつかタイプがありますが、中でも多いのが「慢性化のう性副鼻腔炎」「好酸球性副鼻腔炎」です。どちらのタイプも、悪化すると、鼻づまりや鼻水がひどくなり、鼻で呼吸ができなくなります。その影響で食事がおいしく感じられなくなって食欲がなくなったり、集中力や記憶力が低下したり、睡眠の質が悪くなったりと日常生活に支障をきたすことがあります。

膿のような鼻水が出る病気「慢性化のう性副鼻腔炎」とは

慢性化のう性副鼻腔炎とは

慢性副鼻腔炎のうち、慢性化のう性副鼻腔炎は、風邪などのウイルス感染がきっかけとなって粘膜が腫れるなどの炎症を起こし、そこからさらに細菌に感染することが原因となって起こります。頬骨やおでこのあたり、目の間の前方にある副鼻腔に炎症が起こります。このタイプは、いわゆる「蓄のう症」と呼ばれていた病気で、膿のような黄色や緑色の鼻水が出るのが特徴です。また、頭が重く感じる、鼻水がのどに垂れてくる、などの症状も出ます。

副鼻腔に炎症が起こる仕組み

副鼻腔に炎症が起こる仕組み
副鼻腔に炎症が起こる仕組み

鼻腔と副鼻腔は小さな穴を通してつながっているので、通常、副鼻腔の中の空気は少しずつ換気されています。

また、副鼻腔の粘膜には細かい毛がたくさん生えており、これが動いて副鼻腔の中に入ってきた細菌やウイルスを外に排出する役割があります。

しかし、ウイルスに感染して粘膜が腫れ、鼻腔とつながっている穴がふさがると、換気をしたり、菌やウイルスを外に出したりできなくなってしまい、炎症を起こすのです。多くは、頬骨の中、おでこのあたりの副鼻腔、目と目の間にある副鼻腔の前方に炎症が起こります。これは、このあたりが息を吸った時に最も空気と通る場所とつながっているので、感染する可能性が高いためです。

ウイルスに感染しやすいのは、疲労や睡眠不足などで免疫の働きが低下しているときです。特に冬の時期は、かぜやインフルエンザなどが流行するので、注意が必要です。

粘りけのある鼻水を引き起こす治りにくい病気
「好酸球性副鼻腔炎」とは

好酸球性副鼻腔炎は、慢性副鼻腔炎の一つで、2015年の3月に指定難病として認定された病気です。慢性副鼻腔炎にはいろいろなタイプがありますが、この好酸球性副鼻腔炎は、慢性化のう性副鼻腔炎と比べて治りにくいとされています。

「好酸球」とは、白血球の一種で、アレルギーの病気を起こした時に増える細胞です。アレルギーが原因で副鼻腔に炎症が起こり、この好酸球が副鼻腔にたくさん集まった場合を好酸球性副鼻腔炎と言います。

症状としては、のりのような粘りけのある鼻水が出ます。また多くは、においを感じる細胞がある場所の近くにある副鼻腔を中心に炎症を起こすので、しばしば嗅覚障害を起こします。

さらに、鼻たけと呼ばれる鼻ポリープが多発します。鼻たけが大きくなったり、多発したりすると、鼻づまりがひどくなり、鼻で呼吸することが困難になります。この鼻たけは正常な鼻・副鼻腔の粘膜が腫れ上がったものなので、がん化するおそれはありませんが、手術で切除してもしばしば再発します。

鼻づまり・鼻水を引き起こす病気
「慢性副鼻腔炎」の検査

慢性副鼻腔炎」の検査
嗅覚検査

鼻づまりや鼻水を引き起こす慢性副鼻腔炎には、次のような6種類の検査があり、症状によって必要な検査を受けます。

問診

鼻づまりや鼻水を引き起こす慢性副鼻腔炎には、次のような6種類の検査があり、症状によって必要な検査を受けます。

細菌検査

分泌物を採取して、どんな細菌が繁殖しているか検査します。

内視鏡検査

鼻腔に鼻たけ(鼻ポリープ)がないか確認します。

画像検査

X線、CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像)などを利用して、副鼻腔の中の状態を確認します。

血液検査

「好酸球性副鼻腔炎」が疑われる場合に行います。アレルギーの有無や、白血球の中の「好酸球」が過剰に増えていないかを調べます。

嗅覚検査

タイプに関わらずすべての人が受ける検査です。嗅覚検査には「静脈性嗅覚検査」「基準嗅力検査」があります。静脈性嗅覚検査は、ニンニク臭のあるビタミン剤を注射して、吐く息でにおいを感知するまでの時間と、においの持続時間を調べる検査です。基準嗅力検査は、バラの花や納豆、モモなど5種類8段階のにおいを嗅ぐ検査です。

鼻づまり・鼻水を引き起こす病気「慢性副鼻腔炎」の治療方法

慢性副鼻腔炎の治療方法

慢性副鼻腔炎のうち、多いのが、細菌やウイルスが原因の「慢性化のう性副鼻腔炎」と、アレルギーが関係している「好酸球性副鼻腔炎」です。どちらのタイプも、基本的な治療方法は同じです。

治療方法は、大きく分けて、薬物療法、局所療法、手術の3つがあります。治療方法は原因や症状によって使い分けます。いくつかを組み合わせながら行うこともあります。

慢性副鼻腔炎の治療方法①薬物療法

慢性副鼻腔炎の薬物療法

薬物療法では、鼻づまりや鼻水を引き起こす副鼻腔の炎症を抑える目的で、薬を服用します。使用する薬は、慢性副鼻腔炎のタイプによって違います。

慢性化のう性副鼻腔炎

抗生物質(マクロライド系抗菌薬)などを使います。副鼻腔の炎症、特に鼻水を抑えるのに効果があります。

好酸球性副鼻腔炎

ステロイド薬ロイコトリエン受容体きっ抗薬を使用します。

ステロイド薬は、アレルギーの炎症を抑える効果があります。鼻噴霧薬と内服薬があります。鼻づまりなどを引き起こす副鼻腔の粘膜の腫れなどの症状が改善するほか鼻たけが小さくなることもあります。主に鼻噴霧薬を使用します。内服薬は、長期間服用すると、骨がもろくなる、免疫力が下がるなどの副作用を起こすので一時的に投与します。

ロイコトリエン受容体きっ抗薬のうち、特に、モンテルカストという薬に効果があります。ステロイド薬では抑えきれないアレルギーの炎症を抑える効果があるので、ステロイド薬と併用すると効果が高く得られます。

慢性副鼻腔炎の治療方法②局所療法

慢性副鼻腔炎の治療方法 局所療法
ネブライザー

慢性副鼻腔炎の治療方法のうち、局所療法では、炎症が起こっている鼻腔の洗浄と薬の吸入を行います。

まず、「鼻腔・副鼻腔」にたまった鼻水やうみを吸い出す処置をし、その後、「ネブライザー」という装置を使って薬を吸入します。ネブライザーは、薬を霧状にして噴射する装置で、ノズルを鼻に入れて使用します。この装置は炎症を起こしている部分に、直接薬が届きます。また、内服薬に比べて薬の量が少なく済むので、副作用が少ないという特徴もあります。

慢性副鼻腔炎の治療方法③手術方法

慢性副鼻腔炎の治療方法 手術方法

慢性副鼻腔炎の手術は、鼻づまりを起こしやすい「鼻たけ」と呼ばれる鼻ポリープがある場合に行います。

以前の手術は大変大がかりなものでしたが、現在は内視鏡を使って行うので、痛みも出血も少なく、患者さんへの負担が少なくなっています。手術では、鼻たけを切除するほか、炎症によって閉じてしまった副鼻腔と鼻腔を広く開通させ、うみや腫れた粘膜を除去する処置を行います。

再発をしないよう、手術後は薬物療法を行います。「慢性化のう性副鼻腔炎」の場合は、術後3か月を目安に薬物治療を行います。「好酸球性副鼻腔炎」はとても再発しやすい病気なので、様子を見ながらずっと薬を服用する必要があります。

処方された薬を適切に使用しないと再発を繰り返し、そのたびに手術を受けることになりかねません。自己判断で薬を中止せず、医師の指示にしたがって治療を続けましょう。

鼻づまり・鼻水が治りにくい
「好酸球性副鼻腔炎」の最新治療

国際的なアレルギー性鼻炎ガイドライン

最近の研究で、「好酸球性副鼻腔炎」と「ぜんそく」に深い関係があることが明らかになっています。

好酸球性副鼻腔炎は、鼻水や鼻づまりを引き起こす「慢性副鼻腔炎」の一つです。好酸球性副鼻腔炎の患者さんの中でぜんそくがある人は約30%と言われていますが、併発している人の多くは、ぜんそくが悪化すると好酸球性副鼻腔炎も悪化し、ぜんそくが改善すると好酸球性副鼻腔炎も改善するということがわかってきています。
そのため、好酸球性副鼻腔炎とぜんそくの両方の治療を平行して行う最新治療法ができつつあります。

この考え方のベースとなっているのが、国際的なアレルギー性鼻炎ガイドライン、ARIA(アレルギー性鼻炎とその喘息への影響)が提唱している、「one airway, one disease」という概念です。

これは鼻腔や副鼻腔といった上気道も、気管支といった下気道も、ひと続きの気道(one airway)であるため、アレルギー性鼻炎といった上気道のアレルギーも、ぜんそくなどの下気道のアレルギーも1つの疾患(one disease)として捉えようという概念です。好酸球性副鼻腔炎もアレルギーが関係していることから、最近では、好酸球性副鼻腔炎とぜんそくも同じひとつの病気として捉えられると考えられてきています。そのため、耳鼻咽喉科と呼吸器内科が連携して治療する取り組みなども始まりつつあるのです。

「Q&A慢性副鼻腔炎」はこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    要注意!慢性副鼻腔炎「2つのタイプ」
  • きょうの健康放送
    要注意!慢性副鼻腔炎「最新治療」