知っておきたい目の性質と状態 近視と遠視の場合

更新日

近視と遠視、その原因

私たちの目は、水晶体の厚みを変えることで、遠くの物にも近くの物にもピントを合わせることができます。水晶体の周りにある毛様体筋という筋肉がリラックスして、水晶体が薄くなった状態で、遠くにピントが合っている目を「正視」といいます。

近視の場合

近視の場合

遠くが見えにくい近視では、毛様体筋がリラックスして水晶体が薄くなっても、網膜にピントが合うのは近くのもので、遠くの物にピントが合いません。近視の人は眼球の奥行きが長いことが多く、角膜から網膜までの距離が正視の人より長いことが主な理由です。
その原因には、「眼球の外側を覆う強膜がもともと弱い」「子どものころに近くの物を長時間見続けていると、眼球の奥行きが長くなってくる」などが関係していると考えられています。近視の場合は、凹レンズの眼鏡やコンタクトレンズを使って、ピントを後ろにずらして対応します。

遠視の場合

遠視の場合

遠視の多くは、近視とは反対に眼球の奥行きが短く、角膜から網膜までの距離が短い状態です。遠視では、遠くの物にも近くの物にもピントを合わせることができますが、正視の場合と異なり、遠くの物も近くの物も、水晶体を厚くしてピントを合わせています。そのため、毛様体筋がリラックスして水晶体が薄くなると、ピントはどこにも合わなくなります。
遠視が強い場合には、凸レンズの遠視用メガネを使うと、毛様体筋の負担が少なくなります。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    あなたの目、大丈夫? 「目の働きは?」