中途失明原因の第1位 緑内障の症状とは

更新日

緑内障とは

緑内障は、視野の中に見えない部分ができ、それが徐々に広がっていく病気です。視野が欠けていることになかなか気付かず、失明してしまうケースもあります。実際に、日本人の中途失明の原因で最も多いのは緑内障です。

緑内障とは
緑内障とは

視野の欠損になかなか気付くことができないのは、片目に見えない部分があっても、反対側の目で補ってしまうからです。また、片目で見た場合でも、ある程度の欠損なら、欠けた部分を脳の働きで補ってしまい、異常に気付かないことが多いのです。
緑内障になる人は、日本人の場合、40歳以上では5%程度、60歳以上では10%程度います。多くの人に発症する病気です。

緑内障の主な症状

緑内障の主な症状

緑内障になると、最初は視野の一部が欠け、徐々に欠けた部分が増えて視野が狭くなります。急に暗闇が出現するのではなく、初期は「一部分が少しかすむ」という程度から始まります。中期には「もやが徐々に広がる」ようになり、後期になると「霧の中にいるようにぼんやりする」という見え方になります。
欠けた視野は元に戻すことができず、治療が遅れると失明に至る場合もあります。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    目の病気 最新情報「緑内障」、あなたの目、大丈夫?「緑内障対策」
  • きょうの健康放送
    目の病気 最新情報「緑内障」