こんな病気に注意!ストレスが影響する体と心の病気

更新日

ストレスが影響する病気

ストレスが影響する病気

ストレスは体と心のさまざまな病気や症状に影響を与えます。ストレスが関係して病気を引き起こしている場合、ストレスにどう対処するかが大切な治療になります。
体に現れる代表的な症状に頭痛があります。片頭痛、緊張型頭痛のどちらにもストレスの影響があるといわれています。特に、首から肩にかけての筋肉の緊張が原因の緊張型頭痛では、筋肉を緩めたり気分転換をしたりしてリラックスすることが大切です。
また、体がフワフワするように感じるめまい(浮動性めまい)は、ストレスが関係していることが多いとされています。ぜんそく、アトピー性皮膚炎といったアレルギーの病気も、ストレスによって起こりやすくなったり、悪化したりすることがあります。ほかにも、高血圧、心臓病、胃痛、下痢・便秘、腰痛、更年期障害など、さまざまな病気がストレスの影響を受けています。
うつ病不安症(不安障害)といった心の病気にも、さまざまなストレスが関係しています。大きなストレスがかかることで脳の機能に何らかの失調が起こり、心や体に症状が現れます。
社会生活を送るうえでストレスは避けられません。たまり過ぎていないかときどき点検し、早めに対処するようにしましょう。

心の問題が大きいときは心療内科へ

心の問題が大きいときは心療内科へ

ストレスなど心の問題が大きく影響し、体に症状が現れる病気を心身症といいます。体に症状がある場合、一般に胃痛なら消化器科や内科というように、症状の現れた臓器の専門科を受診します。ただし心の問題が大きい場合は「心療内科」を受診するのもよいでしょう。心療内科では心身症をはじめ、ストレスが関係するさまざまな病気を、それぞれの専門科と協力しながら治療していきます。
なお、うつ病など、主に心の問題で脳の機能に障害が現れる病気は、精神科が担当です。