肩こり治療薬「のみ薬、外用薬、注射薬」徹底解説

更新日

肩こりの治療法

肩こりの治療法
肩こりの治療法

肩こりの原因には、頸椎が原因のもの以外に筋肉、神経、血管などがありますが、どんな原因であれ、薬物療法が共通した治療法です。薬物療法には、のみ薬、外用薬、注射薬の3タイプがあります。

のみ薬

肩こりの治療で使用するのみ薬には、炎症を抑えて痛みを軽減させる消炎鎮痛薬、筋肉の緊張を緩めて血流を改善する筋弛緩薬、筋肉の疲労をやわらげ神経機能の回復を促すビタミン剤、痛みの軽減効果がある漢方薬などがあります。
これらののみ薬は、単独で使ったり、併用したりすることもあり、効果や副作用を確認しながら、場合によっては薬を変更したり、追加したりします。

外用薬

外用薬には、消炎鎮痛薬を配合した湿布ローション、ゲル、スプレーなどがあります。湿布は手軽で効果が長続きする反面、皮膚のかぶれや、湿疹が出る場合があります。ローション、ゲル、スプレーは、湿疹などはほとんど現れず、比較的早く効果を感じる一方、持続性がやや劣ります。どの外用薬が自分に合うのか、医師と相談のうえ選びましょう。

注射薬

注射は、筋肉へ注射するタイプと神経へ注射するタイプがあります。
筋肉への注射は、こりや痛みを感じる箇所に、局所麻酔薬やステロイド薬を注射します。
神経への注射は、神経ブロック注射と呼ばれ、肩こりの原因となる3本の神経に行われます。

運動療法は、肩こりの原因が、筋肉や血管、神経などの場合に特に有効です。僧帽筋や肩甲骨のストレッチを行うなど、毎日こまめに動かすことを心がけましょう。