体操で五十肩の症状をやわらげる

更新日

五十肩の回復に役立つ体操

五十肩に悩んでいる人には、回復につながる体操もおすすめです。ただし、下記のような症状がある場合は、急性期だと考えられ肩を安静にする必要があるため、体操を行わず整形外科を受診してください。

  • 肩を動かしていないのに痛む
  • 肩に熱感がある

体操を行うときは、呼吸を止めずにゆっくりした動作で、あくまで気持ちよいと感じる程度の痛さに加減して行ってください。それぞれの体操は10~20回を1セットとし、1日3セットを目安に行います。

五十肩 腕を上げやすくする体操1

あおむけに寝て両ひざをそろえて立て、両腕を体の真横に広げます。真横まで腕が上がらない場合には上がる角度で構いません。頭と肩は動かさず、両ひざをそろえたまま症状のない側に倒します。その状態を3秒間保ったら、元に戻します。ひざを倒すとき、両ひざが離れないように注意してください。

五十肩 腕を上げやすくする体操2

安定したテーブルを使って行います。テーブルに対し、症状のないほうをテーブル側にして、横向きに立ちます。症状のない側の足のつま先をテーブルに向け、上半身をひねる形で、両手をテーブルに置きます。その体勢から、両手のひらでテーブルを押しながら、足の位置を動かさずにお尻を後ろに引きます。この状態を3秒間保ち、元に戻します。背中や腰を丸めないようにお尻を引くのがコツ。

五十肩 肩を回しやすくする体操1

テーブルに向かっていすに座ります。症状のある側のひじをテーブルにつき、手首の辺りに反対側の手を添えます。この体勢から、上半身をテーブルと平行に移動し、元に戻します。反対側へも同じように移動します。テーブルについたひじの位置は固定し、腕を動かさないように行います。

五十肩 肩を回しやすくする体操2

症状のある肩を下にして、横向きに寝ます。顔の前に症状がある側のひじを置き、手と手を合わせます。反対側の手で力を加えながら、それに逆らって前腕を倒します。その状態で3秒間保ち、元に戻します。腕が上がらないために顔の前にひじを置けない場合は、無理のない位置に置いて行いましょう。