うつ病の薬にはどんなものがある?

更新日

抗うつ薬を使うケース

抗うつ薬を使うケース

うつ病と診断された患者さん全員が抗うつ薬を使うわけではありません。抗うつ薬は日常生活に大きく支障が出ている中等症や重症の人には有効であることがわかっていますが、軽症の場合は効果が定かでないため、初診時から安易に薬を使うべきではないとされています。

抗うつ薬の種類

抗うつ薬の種類

うつ病は、脳の神経細胞の働きに異常が生じることで起きると考えられています。抗うつ薬は、神経細胞間で情報を伝える神経伝達物質の働きを高める作用があるため、うつ病の症状を改善させることができます。
抗うつ薬にはいくつか種類があり、その作用から次の5つのタイプに分けられています。

  1. SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
  2. SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
  3. NaSSA(ナッサ・ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)
  4. 三環系
  5. 四環系

セロトニンやノルアドレナリンというのは神経伝達物質なので、これらの薬を服用することで神経の情報伝達がスムーズになると考えられています。
最初の治療薬として選ばれるのは、SSRI、SNRI、NaSSAといった比較的新しい薬です。

Q&A「うつ病」はこちら