骨粗しょう症の予防と治療 骨に大切な栄養素はカルシウムだけ?

更新日

健康な骨を作る栄養素

健康な骨を作る栄養素

骨粗しょう症の予防と治療では、日々の食事が大切です。健康な骨を作るのに必要な栄養素はカルシウムが知られていますが、それだけではありません。カルシウムのほか、ビタミンD、ビタミンK、たんぱく質、ビタミンB群なども必要です。

カルシウム

カルシウム

カルシウムは、乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、海藻、魚、ごまなどに多く含まれます。「平成27年度 国民健康・栄養調査」によると、1日のカルシウム平均摂取量は、20歳以上では1日509mgです。どの年代でも、骨粗しょう症の人に必要な推奨摂取量700~800㎎には達していません。
カルシウムは乳製品から効率よくとることができ、コップ1杯の牛乳(200mL)で、約200mgのカルシウムが補えます。チーズやバターなどは乳脂肪分や塩分も多く含むので、コレステロールが気になる人や高血圧の人は摂取量に気をつけてください。

ビタミンD

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムの腸での吸収を助ける働きがあるので、カルシウムと一緒にとると効果的です。ビタミンDは、海の魚やきのこに多く含まれます。1日のビタミンD平均摂取量は、どの年代でも10㎍以下です。骨粗しょう症の人では1日に10~20㎍の摂取が推奨されているので、足りていないことになりますが、例えば、鮭なら60ℊ程度で推奨量を摂取することができます。
またビタミンDは、日光に当たることで自分の体内で作り出すことができます。1日15分間程度、手足や顔などに日光が当たるようにするとよいでしょう。日ざしの強い夏は日陰で当たる程度で十分です。紫外線の当たりすぎに注意しましょう。

ビタミンK

ビタミンK

ビタミンKは骨を作る働きを促します。納豆、緑黄色野菜、卵などに多く含まれます。1日のビタミンK平均摂取量は、20代から50代までは200㎍未満ですが、60代以降は、250㎍以上摂取しています。骨粗しょう症の人は1日に250~300㎍の摂取が推奨されているので、60歳代、70歳代の摂取量は、推奨量に達しています。納豆1パックで250~300㎍を摂取することができます。

たんぱく質

たんぱく質
たんぱく質

骨の質を高めるコラーゲンの材料となるのがたんぱく質です。また、骨折を防ぐには筋肉もしっかりしている必要がありますが、たんぱく質は、筋肉を作るためにも欠かせない栄養素です。たんぱく質は、肉、魚、卵、乳製品、大豆製品に多く含まれます。
1日のたんぱく質平均摂取量は、20歳以降では60ℊを越えています。厚生労働省が定める「食事摂取基準」では、健康な人を対象にした1日の推奨量は、女性50ℊ、男性60ℊなので、各年代平均では推奨量に達しています。女性の推奨量である50gを摂取するには、「鶏肉150ℊ」「卵1個」「豆腐半丁」が目安となります。

ビタミンB群

たんぱく質が分解されるときに、ビタミンB群が不足していると、有害物質がたまって骨と血管を傷めることがわかっています。ビタミンB群は、肉、魚、精製されていない穀物のほか、緑黄色野菜に多く含まれています。特に冬はビタミンB群が不足しがちなので、新鮮な野菜をとるように心がけましょう。