早期発見で骨折を防ぐ!骨密度を調べる骨粗しょう症の検査

更新日

骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症による骨折を防ぐには、早期発見と対処が大切です。骨の量の目安となる「骨密度」を調べるには、次のような検査があります。女性の場合、閉経を迎えたら、1年または数年に1回は検査を受けましょう。男性も、一度は受診しておくと安心です。

DXA[デキサ]法

DXA[デキサ]法

エックス線を使って骨密度を測定する方法です。DXA法では、全身用の機器を使うと体のほとんどの骨の測定ができます。前腕部で測定を行う機器もあります。

MD法

MD法

手のエックス線写真で骨密度を測定する方法です。

超音波法

超音波法

かかとの骨に超音波を当て、超音波の伝わる速度から骨密度を測定する方法です。骨折の危険性を調べられるので健康診断などでも行われていますが、骨粗しょう症の診断までは行えません。