尻もちで骨折!?骨粗しょう症とは 骨密度と骨質 徹底解説

更新日

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症は、骨がスカスカの状態になってもろくなる病気です。そのため、ちょっと尻もちをついたり、重いものを持ち上げたりしただけでも骨折してしまうことがあります。女性の骨粗しょう症患者は男性の3倍というデータがありますが、男性でも高齢になるほど患者数は増えます。
骨の強さには、骨の量の目安となる「骨密度」と「骨質」が関係しています。骨粗しょう症になると、骨密度が低下し、骨質が劣化します。

骨密度と骨質

骨密度は骨の代謝と関係があります。骨は、「破骨細胞」と「骨芽細胞」の作用によって常に新陳代謝を繰り返しています。破骨細胞は古い骨を吸収して窪みを作ります。すると、そこに骨芽細胞が集まり、窪みを埋めるように新しい骨を作ります。

骨密度と骨質

健康な成人の場合、破骨細胞と骨芽細胞がバランスよく働き、吸収される古い骨と、作られる新しい骨はほぼ等量なので、骨の量は一定に保たれます。

骨密度と骨質

しかし骨粗しょう症になると、破骨細胞と骨芽細胞の働きのバランスが崩れ、破骨細胞の働きが骨芽細胞の働きを上回ります。その結果、骨の量が減り、骨がスカスカの状態になります。

骨密度と骨質

また、「骨質」は、骨が丈夫どうかを示す一つの指標(目安)です。骨を建物の構造にたとえると、コンクリートに相当するのが「カルシウム」などのミネラル類で、鉄筋に相当するのが「コラーゲン」などです。この鉄筋に相当するコラーゲンなどの強さを示すのが、骨質です。
建物を丈夫にするには、コンクリートと鉄筋がどちらもしっかりしている必要があります。つまり、丈夫な骨を作るためには、カルシウムだけでなく、コラーゲン同士がきちんとつながって、しっかりしていることが大切です。
骨の強さは、骨量の目安となる骨密度で70%、骨質で30%決まるといわれています。