薬物療法の進化で「寛解」が目指せる!関節リウマチの最新治療薬

更新日

関節リウマチの薬物療法の進化

関節リウマチの薬物療法の進化

関節リウマチの薬物療法は、以前は痛み止めやステロイドで一時的に症状を和らげることしかできませんでした。しかし、新しい薬の登場で、ここ十数年間で大きく進歩し、多くの関節リウマチ患者が病気の進行を抑え、発症前とほとんど変わらない生活を送ることのできる「寛解」を目指せるようになっています。
東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターによる関節リウマチの大規模患者調査、IORRA調査によると、2000年の時点で寛解を達成していた患者は、わずか8%でした。しかし、2016年になると52%の患者が寛解を達成しています。の劇的な治療成績向上の背景にあるのが、1999年に日本でも発売開始となった抗リウマチ薬のメトトレキサートと2003年から続々と登場している生物学的製剤です。

8割の患者が使用する抗リウマチ薬

関節リウマチの治療の中心を担うのは、抗リウマチ薬の「メトトレキサート」です。世界的に関節リウマチの第一選択薬となっていて、日本でも約8割の患者さんが服用しています。
メトトレキサートは、関節の炎症を引き起こす免疫細胞などの働きを抑え、関節リウマチの進行を抑えます。
免疫の働きを抑えるため、風邪やインフルエンザ、肺炎など感染症には注意が必要です。また、服用後に気分が悪くなったり、口内炎や肝障害の副作用がみられたりする場合もありますので、体調の変化を感じたら医師に相談しましょう。

新たな薬「生物学的製剤」

新たな薬「生物学的製剤」

関節リウマチの新たな特効薬として注目されているのが「生物学的製剤」と呼ばれる薬です。生物学的製剤は、最新のバイオテクノロジーを駆使して作られた薬で、炎症を引き起こすサイトカインという物質などを標的に作用します。
点滴か皮下注射(自己注射含む)で投与されます。生物学的製剤の投与中は免疫の働きが低下しますので、感染症には十分注意しましょう。
生物学的製剤は高い効果を発揮しますが、一方で高額な薬です。IORRA調査によると、患者が1年間に医療機関の窓口で支払う直接医療費(診察代・薬代・検査代・入院代など)は、生物学的製剤を使用していない場合では約25万円でしたが、生物学的製剤を使用している場合は、約70万円と、大きな差がみられました。
経済的負担は大きいですが、必要な薬剤を使用せず病気が進行してしまい、介護が必要な状態になってしまうと、別の負担が発生する可能性もあります。病気の状態がよくなれば、生物学的製剤の量を減らしたり、投与間隔を空けたりできる場合もありますので、主治医とよく相談して検討してください。

最新の薬物療法

最新の薬物療法

関節リウマチの治療薬で最も新しいのが「トファシチニブ」というのみ薬です。トファシチニブは「分子標的治療薬」といって、炎症を引き起こす特定の分子に狙いを定めて作用します。生物学的製剤と同等の高い効果を発揮します。トファシチニブの服用が検討されるのは、ほかの抗リウマチ薬や生物学的製剤を使っても効果が不十分な場合です。また、免疫の働きを低下させますので、やはり感染症などの副作用には十分な注意が必要です。

関節リウマチのQ&A

生物学的製剤はどうか?(35歳女性)

去年秋に第一子を出産。まもなく関節痛、全身のだるさが続くようになりました。しばらく様子を見ていましたが改善しないので整形外科を受診すると、関節リウマチと診断されました。
授乳をしながら使用できる免疫抑制剤を服用し、現在数か月たったが痛みは改善せず、家事や子どものだっこが思う存分できない日々が続いています...

『Q&A 関節リウマチ』はこちら