胃がんの治療 進行度によって切除、抗がん剤、内視鏡治療や手術を選択

更新日

中年以降に発症しやすい胃がん。原因や検査についてはこちら

切除による治療

内視鏡治療による切除

内視鏡治療による切除

内視鏡治療は、がんが基本的に粘膜にとどまっていてほかの場所に転移が見られない場合に行われる治療法です。胃カメラを口から入れて、モニターを見ながら電気メスを使ってがんができている場所を切除します。
現在は、「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」と呼ばれる治療法が主流で、以前に比べるとがんの取り残しが少なく、再発も減少しています。体の負担は少なく、胃の機能も維持できる治療法ですが、深く切除するため、治療した部位からの出血や、胃に穴があく危険性があり、1週間程度の入院が必要です。

手術による切除

手術による切除

がんが進行して周囲のリンパ節に転移している可能性が高い場合は、外科的に胃を切り取る手術を行います。切除範囲はがんの位置や進行度で異なり、周囲のリンパ節も広く切除します。胃を大きく切除すれば、それだけ手術後の症状も出やすいため、現在は生活の質と切除範囲のバランスを考慮し、できるだけ胃を多く残すように手術が行われています。ただし、胃の下の部分だけを残すと、少し食べただけでおなかがいっぱいになったり、逆流が起こりやすくなったりして生活の質が著しく低下するため、全摘したほうが良い場合もあります。

手術後の症状

手術後の症状

手術後は、胃の機能が低下するため、「胃切除後症候群」と呼ばれるさまざまな症状が起こりやすくなります。胃を残した場合も全摘の場合も同じです。
手術直後は胃が小さいために小胃症状が起こります。少量食べただけで満腹になってやせてきますが、3か月から半年ほどたつと、本来の胃の機能が戻ってきて少しずつ食べられるようになります。しかし、食べられるようになると、胃が小さいために胃の中の物や消化液などが食道に逆流する胃食道逆流症や、食べ物が急に小腸に流れ込むダンピング症候群などが起こりやすくなるため、食べ方を工夫する必要があります。これらの症状は、適切な対処をすれば治まります。

術前補助化学療法

術前補助化学療法

がんが非常に大きい場合やリンパ節転移が多く見られる場合は、手術のみでは治る割合が極めて低いので、抗がん剤で、がんを縮小させたり、ほかの場所に転移している可能性があるがんを退治したりした後に、手術を行うことがあります。そうした治療を術前補助化学療法といいます。進行したがんであっても術前補助化学療法を行うことでがんが治る可能性が高くなることがあります。

抗がん剤による治療

抗がん剤による治療

胃がんが進行していて手術ができない場合、進行を抑えたり遅らせたりするための抗がん剤治療の組み合わせはたくさんあります。

薬の種類にはのみ薬と点滴がありますが、のみ薬はフッ化ピリミジン系薬剤、点滴はトポイソメラーゼⅠ阻害薬、プラチナ製剤、タキサン系製剤があります。これらはがん細胞の増殖を抑えます。さらに、がん細胞の増殖に関わる遺伝子を狙い撃ちしてがん細胞の増殖を抑えたりがん細胞の増殖に必要な栄養を遮断する新しい薬、分子標的薬が使えるようになりました。現在、胃がんで使用できる分子標的薬には、HER2阻害薬と血管新生阻害薬の2種類があります。

抗がん剤の副作用とその対策

抗がん剤の主な副作用

従来の抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常細胞も攻撃するため、白血球の減少、貧血、脱毛、下痢など、さまざまな副作用が起こります。
分子標的薬は、主にがん細胞またはがん組織に比較的、限定して作用する薬であり、従来の抗がん剤とは作用が異なるため、副作用は少ないのですが、従来の抗がん剤とは異なった副作用があります。

たとえば、HER2阻害薬では、悪寒や発熱、皮膚症状、間質性肺炎などの副作用が起こり、血管新生阻害薬では、血栓塞栓症、高血圧、消化管出血などが代表的な副作用です。これらを上手に使うことのできる施設で治療することをお勧めします。また、現在は、抗がん剤の副作用対策が進歩しており、吐き気やおう吐、白血球減少について有効な薬が開発され、予防的に使われるようになっています。このような、副作用を抑える治療は支持療法と呼ばれており、これらを上手に使って生活の質を保ちながらがん治療が行えるようになっています。さらに、専門施設ではチーム医療の体制もとられており、医師と看護師、薬剤師などが連携して、これらの副作用軽減対策を行っています。

胃がんのQ&A

『Q&A胃がん』はこちら