みんなの「知りたい!」 泌尿器の悩み

更新日

膀胱炎(ぼうこうえん)過活動膀胱(ぼうこう)腹圧性尿失禁排尿がおかしい泌尿器

【Q&A】月経と膀胱(ぼうこう)炎の関係は?

月経のときに膀胱炎になったことがあるのですが、関係はあるのでしょうか?
(年齢不明 女性)

専門家による回答

月経時には膀胱炎になりやすいことがあります。月経中は陰部に細菌が繁殖しやすいので、生理用品はこまめに取り換えるようにしましょう。
また、稀ですが、膀胱子宮内膜症といって、膀胱内に子宮内膜が入り込んでいるために、月経に合わせて血尿が見られたり、膀胱炎のような頻尿、膀胱痛が起こったりします。
膀胱子宮内膜症と診断されたら、痛みに対しては鎮痛薬を使用し、ホルモン薬などを使用して月経を抑制します。子宮内膜が入りこんでいる場所がはっきりしている場合は、手術で子宮内膜組織を摘出することもあります。

【Q&A】若くても尿もれは起こるのはどうして?

3年くらい前から頻尿に悩んでいます。すぐトイレに行きたくなっても、少ししか出ません。この間、初めてのことでびっくりしたのですが、笑ったときに尿をもらしてしまいました。先日も立ち上がったときにもらしてしまい、悩みが深刻になっています。将来、便もれとかにもなりそうで不安です。
(20代 女性)

専門家による回答

普段からすぐにトイレに行きたくなって、一回の排尿量が少ないようですので、「過活動膀胱」の可能性があります。過活動膀胱とは、急に起こる我慢し難い尿意切迫感のために、頻尿や、尿がもれる、切迫性尿失禁が見られるものです。しかし、過活動膀胱は中高年の女性に多いので、若い方でこのような症状がみられる時は、可能性は低いですが、「潜在性二分脊椎症」なども考えられます。潜在性二分脊椎症は胎児の時に、脊髄と脊椎の元になる「神経管」と呼ばれる組織の形成不全のために発生します。生まれたときには気づかずに、身長が伸びる思春期以降に、膀胱・直腸や下肢の運動障害を起こすことがあります。一度、泌尿器科で検査を受けると良いでしょう。
また、健康な若い女性でも、笑った時に尿もれが見られることがありますが、立ち上がった時にももらしてしまったとのことですので、「腹圧性尿失禁」の可能性があると思います。通常、腹圧性尿失禁は出産の経験がある中高年の女性にみられることが多く、尿道括約筋や骨盤底筋が緩んでしまうことで発生します。尿道括約筋は尿道の周囲にあって収縮することで、排尿を我慢します。骨盤底筋は膀胱、尿道、子宮、直腸を支えています。尿失禁のある場合、これらをトレーニングすると効果があります。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2024年2月 号に掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321 まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    みんなの「知りたい!」泌尿器の悩み