心筋梗塞を起こすリスクが高い 「不安定狭心症」とは?

更新日

狭心症胸が痛い動悸(どうき)がする息切れがする・息苦しい胸・心臓循環器・血管

不安定狭心症とは?

心臓の筋肉に血液を送る血管が狭くなり、胸の痛みが起きる狭心症。進行すると、血管が詰まって心筋梗塞を起こす危険があります。
狭心症の中でも、心筋梗塞による突然死を起こすリスクが特に高いのが不安定狭心症です。

不安定狭心症

心臓の筋肉に酸素や栄養を送る血管、冠動脈で動脈硬化が進むと、血管の内側にコレステロールなどがたまって、プラークと呼ばれるコブのようなものができます。これが狭心症です。このプラークが破れると、血の塊・血栓ができて、血管が完全に詰まる心筋梗塞を起こす危険があります。不安定狭心症は、このプラークが破れ始めていたり、既に血栓で血管が非常に狭くなっている状態です。
突然死を防ぐためにも、正しい診断を受け、速やかに治療を開始しなければなりません。

不安定狭心症の原因

不安定狭心症の主な原因は動脈硬化です。
狭心症には「安定狭心症」と「不安定狭心症」があり、その多くは安定狭心症ですが、既に安定狭心症で治療を受けている場合でも、生活習慣の改善が十分にできていないと、悪化して不安定狭心症に移行することがあります。特に高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満がある人は注意が必要です。
また、安定狭心症の薬を服用している人が、症状がよくなったからといって自己判断で薬を中断すると、不安定狭心症に移行してしまうことがあります。処方された薬は医師の指示どおりしっかりと服用しましょう。そのほか、遺伝的な要因もあるとされており、血縁者のなかに若くして心筋梗塞が起こった人がいる場合、狭心症が悪化するリスクが高いと考えられます。

いつもと違う症状があれば危険なサイン

安定狭心症から不安定狭心症に移行すると、胸の痛みや圧迫感などの症状が、運動時だけでなく、食後や入浴時など安静時にも現れることがあります。また、症状が治まるまでに時間がかかるようになった場合も注意が必要です。

不安定狭心症の検査

不安定狭心症の診断は、まずは問診で確認します。症状が明確に変化している場合は、問診で不安定狭心症と診断する場合もあります。

狭心症が疑われるものの、不安定狭心症かどうか、問診だけで確定できない場合は、画像検査で血管の状態を調べます。
ただし、X線造影検査では、プラークがあることはわかりますが、それが破れやすい不安定プラークかどうかまで見分けることはできません。そこで最近では、それを評価するために「冠動脈CT」や「血管内超音波検査」という検査が行われるようになってきました。

冠動脈CT

冠動脈CTは冠動脈の形状を立体的に捉え、状態を詳しく把握できる検査です。全国の大学病院や循環器を専門とする医療機関で受けることができます。

冠動脈CT

矢印で示した所は、冠動脈の一部が狭くなっていることがわかります。冠動脈CTでは、さらに、その冠動脈の断層を調べることができます。

冠動脈CT(断層)

白く見えているのは、検査に使う造影剤です。赤い丸で示した部分で動脈硬化が起こっています。
左の安定したプラークよりも、右の不安定なプラークのほうが黒く見えるのは、この部分に脂質がたまっているためです。脂質を覆う被膜が薄いと血管は破れやすくなります。

丸のそばのAvgと書かれた数字は、X線の吸収量を数値化して血管の硬さを表したものです。左は75.86と、50以上なので、繊維化した硬いプラークと考えられます。30以下なら、柔らかいと考えられますが、右は、-1.57なので、非常に破れやすく、不安定なプラークです。

冠動脈CT どこで受けられる?

冠動脈CTは全国に普及しており、大学病院や循環器を専門としたクリニックなどで受けることができます。ただし、検査で使う造影剤のアレルギーがある方や、腎機能が悪い方は、この検査を受けることができません。

血管内超音波検査

「血管内超音波検査」は、カテーテルを使って血管内から超音波をあてて血管の状態を調べる検査です。

血管内超音波検査

この検査では、硬いプラークは白っぽく、軟らかく不安定なプラークは黒っぽく映ります。
右の不安定狭心症の画像では、右下に黒いしみのように見える部分があります。これはリピッドプールと呼ばれる、コレステロールなど脂肪成分の多い部分です。このため、不安定でやわらかいプラークだとわかります。

最近では、このほか、心筋内の血流量を調べる「CTパフュージョン検査」(保険適用外)や、血管の断面を精密に調べられる「光干渉断層法OCT」などによって、狭心症の状態を、より詳しく調べることができるようになってきています。

不安定狭心症の治療

不安定狭心症の治療

「安定狭心症」から「不安定狭心症」に移行していることがわかったら、緊急度が高いため、治療内容は大幅に変更されることがあります。

緊急の手術が必要でない場合には、血液を固まりにくくする抗血小板薬、冠動脈を広げるカルシウム拮抗薬、コレステロール値を低下させるスタチンなどが使われます。すでに安定狭心症で薬物治療を受けている場合には、薬を追加することもあります。

心筋梗塞のリスクが非常に高いと判断されれば、狭くなった血管を広げるカテーテル治療や、血液が流れにくくなった冠動脈をう回する血管を作るバイパス手術などが行われます。

心筋梗塞に注意

不安定狭心症の症状が20分以上続くときは、すでに心筋梗塞が起こっている可能性もあります。この場合は、迷わず救急車を呼びましょう。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2023年12月 号に掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321 まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    突然死を防ぐ!狭心症と心筋梗塞の最新治療「危険な「不安定狭心症」とは?」